資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

資金調達できる事業計画書の見本(日本政策金融公庫の創業計画書の形式)

日本政策金融公庫
LINEで送る
Pocket


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

日本政策金融公庫の創業計画書(事業計画書)の形式

事業計画書のテンプレートとしてよく利用されるのが、日本政策金融公庫の「創業計画書」です。創業計画書と聞くと事業計画書とは異なるもののように感じる場合もありますが、内容としては同じで、事業計画書に必要な基本的なポイントは抑えられているので、まず利用してみるといいでしょう。

事業計画書(創業計画書)の構成内容

  1. 創業の動機:どうして事業をしようと思ったのか?
  2. 経営者の略歴:今までどのような業界で働いて、経営者の強みは何か
  3. 取扱商品・サービス:企業内での商品とサービスの売上割合や強みは何か
  4. 取引先:販売先や仕入れ先などのステークホルダーはどこか
  5. 従業員:常勤や非常勤など働いている人はどのくらいの規模か
  6. お借入れの状況:借り入れ状況はどのようになっているか
  7. 必要な資金と調達方法:事業における貸借関係
  8. 事業の見通し:将来の売上予測や利益など

このような順番の構成内容になっており、事業計画書に必要な基本的な事項は説明できるようになっています。

ダウンロード先(日本政策金融公庫)
http://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html

より具体的な資金調達の事業計画書を作るためにするべきこと

ただし、日本政策金融公庫の創業計画書だけでは事業内容を伝えきることは難しいでしょう。特に別の記事の「目的に応じた事業計画書の制作方法」で書いたように、読み手ごとに事業計画書は異なる内容を書くことが望ましいです。

そのため、より具体的な事業計画書にするために、創業計画書に合わせて添付書類をつけるのが良いです。添付書類の内容としては、例えば市場を分析するのであれば「マーケティングの4P」を利用して企業優位性を示したり、「マッキンゼーの7S」を使って戦略等を表すのもありです。

ただし、こうした具体的にするアイデアはあくまで読み手に合わせて使うのが好ましく、事業計画書に合わない内容を使うのは避けた方が良いでしょう。

資金調達ができる事業計画書はパワーポイントを活用するなど文書だけとは限らない

資金調達ができる事業計画書は一般的には書面によるものと言うイメージがありますが、必ずしもそうではありません。中には、パワーポイントを用いてプレゼンをしながら資金調達先などに、より深く自社のことを理解させることもできます。

こうした視覚的に伝える場合には、目で見て分かりやすい構成にする必要があるので、イメージ図などを添付するのもいいでしょう。そのため、どのような方法で相手に伝えるのかも考えて事業計画書を作成する必要があります。

ただし、こうしたパワーポイントなどの利用も基本となるのは「事業計画書」なので、まずは文章で相手に伝わるように作るのが重要です。

資金調達方法の関連記事

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 中小企業経営力強化資金制度

    中小企業経営力強化資金融資|低金利・無担保無保証・自己資金要件無

  2. 中小企業等経営力強化法

    中小企業の資金調達にも大きく影響する「中小企業等経営力強化法」とは

  3. 経営ハック-消防隊に学ぶ分業制のすすめ

  4. 資金繰り表作成

    資金調達(融資)にも使える資金繰り表作成方法と4つのチェックポイント

  5. リスケ銀行交渉のポイント

    融資のリスケ(返済条件変更)申込時の銀行金融機関交渉のポイントとは

  6. 小規模事業者持続化補助金

    小規模事業者持続化補助金で返済不要の資金調達。採択をとる6つの要素。

  7. 起業創業

    保存版|起業創業するなら知っておきたい会社設立手続き5つの流れ

  8. 商工会議所の融資

    マル経融資・商工会議所による資金調達

  9. 女性起業

    女性ベンチャー起業が資金調達する方法。国も推進する今がチャンス

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 営業ハック-出来る営業は数字を正確に伝える
  2. 資金繰り資金ショート回避 資金ショートの倒産を回避する緊急時の支払優先順位と資金繰り対策とは
  3. 営業ハック-成果の上がる自己紹介4~毎日更新し続ける
  4. 経営改善/企業再生事例|返済停止中の企業の経営改善支援
  5. 資金調達成功事例1 資金調達成功事例-伝統工芸産業での起業。新ビジネスモデルで資金調達を成功

PAGE TOP