資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

スタートアップベンチャー起業家の資金調達方法と種類のまとめ

起業家の資金調達方法と種類のまとめ
LINEで送る
Pocket


資金調達・資金繰り・起業の無料相談

<起業支援サポート>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。
<女性起業支援サポート>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

スタートアップベンチャー起業家の資金調達方法と種類のまとめ

スタートアップベンチャー起業家のための資金調達方法の種類

ベンチャーをスタートアップさせるにあたり、起業家がまず突き当たるのは資金調達の問題でしょう。最初のうちは信用もなく、簡単に融資は受けられません。そのため融資を受けたいなら民間の銀行や金融機関からただ借りるのではなく、信用保証協会に保証を受けた制度融資を使うのが良いでしょう。日本政策金融公庫から公庫融資を受ける手段もありますし、クラウドファンディングを利用して事前に資金を集めてみる、あるいは配当を約束して出資を募る方法や、ベンチャーキャピタルに頼んで出資とアドバイスをもらう方法もあります。このようにさまざまな方法がありますが、それぞれには条件やメリット・デメリットが存在します。一つずつについて詳しく見ていきましょう。

スタートアップベンチャー起業家のための日本政策金融公庫の新創業融資制度と女性、若者/シニア起業家支援資金

リスクが最も低いのは起業家が自己資金や親族などからの個人借り入れで行うケースですが、たいていは金額が少なく事業の資金調達には向きません。そのため企業として借り入れを行いたいのですが、スタートアップ直後は資金繰りも苦しく事業も安定しないため、金利が高いとそれ自体が事業の妨げになってしまいます。公的機関からの借り入れは民間より金利も安くなり、狙い目と言えます。日本政策金融公庫は新創業融資制度 というスタートアップを支援する制度を設けており、また起業家になりにくいとされている年代・性別を優遇した女性、若者/シニア起業家支援資金という枠組みも設けています。女性であったり35歳未満と若い、もしくは55歳以上の年配で起業を考えている場合はぜひ検討してみましょう。

スタートアップベンチャー起業家のための信用保証協会と制度融資

起業家が立ち上げたばかりのベンチャーの名前で銀行、あるいはそれよりハードルが低いとされる信用金庫に足を運んでも、なかなか融資には踏み切ってくれません。単体では信用がまだ薄いためで、金融機関としても貸し倒れを警戒しています。そんなときは民間金融機関でも融資可能な、信用保証協会に保証してもらう制度融資を利用してみましょう。行政を介して信用保証協会の保証を受けられるうえ、地域によっては自治体に利息や保証料の一部負担をしてもらえます。地域に企業を誘致したい自治体ではこのような優遇措置をとっているため、所在地にこだわりがないオンラインビジネスなどであればこういった地域で起業し、資金調達に役立てるというのも選択肢となるでしょう。

スタートアップベンチャー起業家のためのベンチャーキャピタル

スタートアップベンチャーの問題点を資金調達を含め一気に解決する可能性があるのが、ベンチャーキャピタルによる出資です。ベンチャーキャピタルとは成長の可能性があるベンチャーに投資をし株式を取得し、その株価を大きく上げてから売りに出す(イグジット)ことで利益を得ています。そのため起業家と出資側の利害が一致しており、事業のアドバイスやサポートを受けることも期待できます。ただし、株式を大きく握られれば経営の自由度は下がり、下手をすると起業したのに従業員のような立場に立たされることにもなってしまいます。出資してもらう額や比率、相手との信頼関係、経営に関しての意見の相違などをよく調べたうえでこの手段をとりましょう。

スタートアップベンチャー起業家のためのクラウドファンディング

最後に、新しい資金調達の手法としてクラウドファンディングというものがあります。インターネット上のSNSなどで資金を募るもので、出資を募ってその見返りに事業の利益を還元する「金融型」と、サービスや物品を購入してもらう代わりに資金を事前に受け取る「購入型」などのタイプに分かれます。金融型であれば株式等よりも間に入る手数が少ないため配当を高くできるメリットがあり、出資側も少額から参加できるとあって、気軽な投資先として人気があります。また購入型であれば資金調達が成功した後に事業をスタートアップさせるため、ベンチャー起業家としてリスクが最低に抑えられるのが最大のメリットと言えます。いずれの場合もプレゼン能力が資金集めを左右するため、提供するサービスの魅力を把握しうまく伝えることが重要になります。

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談

<起業支援サポート>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。
<女性起業支援サポート>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 資金調達成功事例-焼肉店開業~日本政策金融公庫の創業融資で満額融資

  2. 資金調達成功事例1

    資金調達成功事例|シングルマザーの起業~シングルマザーも気軽に利用できるサロン開業

  3. 資金調達成功事例-起業1期目からビジネスモデルを変更して資金調達を成功

  4. ベンチャー起業時の創業融資・資金調達で絶対に知っておくべき4つの審査基準

  5. ベンチャースタートアップ起業時の融資・資金調達|EC・通販業の場合

  6. 資金調達成功事例1

    資金調達成功事例|信用保証の保証履行履歴を乗り越え飲食店舗出店資金を調達

  7. 起業・独立開業の融資と資金調達ガイド

    起業・独立開業の融資と資金調達ガイド

  8. 資金調達成功事例1

    資金調達成功事例|勤務先の事業を承継したスタートアップベンチャー起業で資金調達を成功

  9. 資金調達成功事例1

    資金調達成功事例|日本政策金融公庫で否認直後、銀行・信用保証協会の創業融資を受け店舗を開業

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 女性起業家向けの新創業融資制度(女性の小口創業特例)と「女性、若者/シニア起業家…
  2. クラウドファンド クラウドファンディングによる資金調達の概要
  3. 資金調達成功事例1 資金調達成功事例|赤字のEC通販ベンチャーでも融資で資金調達できる方法
  4. 資金調達成功事例1 資金調達成功事例|勤務先の事業を承継したスタートアップベンチャー起業で資金調達を…
  5. 資金調達ニュース 資金調達方法のニュースナビ.ベンチャー/個人/中小企業|2016/12/22

PAGE TOP