資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

起業家のための会社設立準備~実践編2・定款作成

起業家会社設立実践編2
LINEで送る
Pocket


資金調達・資金繰り・起業の無料相談

<起業支援サポート>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。
<女性起業支援サポート>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

起業家のための会社設立準備~実践編2・定款作成

起業家のための会社設立・定款作成~事業目的と本店所在地

定款では事業目的の部分をしっかりと明記することが求められます。これを書いておかないと定款として認められない絶対的記載事項の1つにもなっています。事業目的を定款に書いていないとその事業を行うことはできないとされており、その時点ではやる予定がなくても、将来的に行うかもしれないものに関してはこの段階で記載をすることになります。

本店所在地に関しても絶対的記載事項の1つであり、賃貸の場合には法人不可の記載が契約書にあるかどうかを確認しなければなりません。定款には最少行政区画までを本店所在地として記載すればよく、すべての住所を記入する必要はないものの、場合によっては住所すべてを記載するというのでも大丈夫です。

起業家のための会社設立・定款作成~財産の価値、発行可能株式総数

株式会社設立をする場合には、出資財産額、出資最低額をしっかりと記載することになります。定款に発起人の出資額が記載されていたとしても、出資最低額を書いておけばいいため、一部しか出資されていないような状況であったとしても問題がないということになります。

発行可能株式総数に関しては、定款の認証を受ける段階で決めておく必要はありません。ただ、定款に定めていないという場合にはいずれその定めを設けることが求められます。株式を非公開にしている場合にはこれらは関係ありませんが、株式を公開している場合にはこれらのことが必要になります。株式の登記を行う場合には資本金の額や発行済み株式の総数も登記すべき事項とされています。

起業家のための会社設立・定款作成~発起人の氏名・名称および住所

株式会社設立の際には、発起人が必要となります。ここでいう発起人は実際に設立手続きをする人物のことを指します。氏名、住所なども定款には必ず記載しなければならず、いわゆる絶対的記載事項ということになります。この人がいなければ株式会社設立は不可能であり、設立事務を行う人は最低でも1株をもらって登記などの作業を進めます。

この際、いくら株をもらったのかということも定款に記載しなくてはなりません。1人だけを選任するのではなく、複数の人が務めることができます。そのため、起業をする際には創業者が中心となるケースがほとんどです。ちなみに資格の制限はなく、15歳以上であればだれでも務めることができるのが特徴となっています。

起業家のための会社設立・定款作成~定款認証・電子定款

定款を作ったら、それが正しいものかを確認してもらう定款認証の作業に入ることになります。この場合は、会社が存在する本店所在地の管轄の法務局に属している公証役場において、定款認証をしてもらいます。紙ベースで認証を受けることも可能ですが、電子定款と呼ばれるPDFの状態にしたものでも大丈夫です。電子定款のいいところは紙ベースでは数万円の印紙代がかかるところ、PDFにしてしまえば無料でいいという点です。

これらの認証によって、会社設立をし、起業をすることができたということになります。記載しなければならない事項がとても多いため、まずは第三者に教えを受けてから定款を作成するということが求められ、不備の内容にしなくてはなりません。

ファイナンスアイの起業支援パッケージは会社設立と資金調達がセット

このように定款作成、創業融資など会社設立に必要な資金調達などを一手に引き受け、サポートしてくれる起業支援が人気を集めています。どのように定款を作成すればいいのか、創業融資の申請がおりやすい事業計画とはどういうものなのかを教えてくれ、アドバイスをもらうことができるため、おすすめです。

これらのことはもちろん自分たちの手で行うことは可能ですが、どうしても不備が出てしまい、そのせいで色々と面倒なことになってしまっては大変です。事業計画に関してもだれが見ても納得できるようなちゃんとしたものであるのか、それによって資金調達が円滑に進む計画なのかなどを見てくれ、一緒になって会社設立に向けた活動に尽力してくれます。”

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談

<起業支援サポート>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。
<女性起業支援サポート>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 起業のための会社設立ガイド~法人設立の基礎知識

    起業のための会社設立ガイド~法人設立の基礎知識

  2. 起業家会社設立メリットデメリット

    起業家のための会社設立のメリット/デメリット、個人事業主との違い

  3. 起業家会社設立各種手続き

    起業家のための会社設立後~各種手続き届け出

  4. ベンチャー起業時の融資・資金調達|美容エステ・ネイルサロン業の場合

  5. 起業家会社設立実践編1

    起業家のための会社設立準備~実践編1

  6. 起業家会社設立_合同会社

    起業家のための合同会社のメリット・デメリット

  7. ベンチャー起業時の融資・資金調達|建築・内装・工事・工務店関連業の場合

  8. ベンチャー起業時の融資・資金調達|ラーメン店の場合

  9. 起業家会社設立実践編3

    起業家のための会社設立準備~実践編3・登記書類作成/申請

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 資金調達ニュース 資金調達方法のニュースナビ.ベンチャー/個人/中小企業|2016/12/16
  2. 資金調達ニュース 資金調達方法のニュースナビ.ベンチャー/個人/中小企業|2016/12/28
  3. 経営改善/企業再生事例|美容サロン・個人事業主の経営改善支援
  4. スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:日本政策金融公庫のメリット・デ…
  5. 資金調達成功事例1 資金調達成功事例|未経験の女性起業支援。日本政策金融公庫-創業融資の女性特例を活…

PAGE TOP