資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

資金調達ニュースまとめ2016年11月21日~2016年11月27日

資金調達ニュース
LINEで送る
Pocket

目次


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■2016年11月22日の資金調達ニュース

「LOVEGREEN」総額約1.4億円の資金調達を実施&COOには元アイスタイル川上氏が就任

“植物と暮らしを豊かに。”をコンセプトにボタニカルライフメディア「LOVEGREEN(ラブグリーン)」(https://lovegreen.net/)を運営する株式会社ストロボライト(本社:東京都渋谷区、代表取締役 石塚 秀彦)は、ニッセイ・キャピタル株式会社を引受先とした第三者割当増資を実施し、総額約1.4億円の資金調達を実施したことを発表いたします。(出典:PR-TIMES)

日本ボランティア支援協会の提供する、新たなボランティア支援の形 ボランティア資金 調達支援サービス 【ファンドコネクト】 全国に先駆け、先ずは埼玉県内で本格支援活動開始しました!!

ボランティア支援をするために設立された、一般社団法人 日本ボランティア支援協会(埼玉県北本市/代表理事:中村綾子、以下当協会)は、当協会提供サービスの1つ、ボランティア団体のための資金調達支援サービス「ファンドコネクト」を 、より多くの方へ知って頂く為、2016年10月埼玉県内のNPO法人に、DM(ダイレクトメール)を送りました。(出典:宮崎新聞)

産総研技術移転ベンチャー ライフロボティクスが1年間で総額15億円の資金調達を完了

国立研究開発法人産業技術総合研究所(理事長 中鉢 良治)の技術をベースとして設立された産総研技術移転ベンチャーのライフロボティクス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:尹祐根、以下「ライフロボティクス」)が、第三者割当増資を実施し、シリーズBにおける総額10億円の資金調達を完了し、シリーズAおよびシリーズB含めて総額15億円の資金調達を1年間で完了しました。。(出典:産総研)

起業・ベンチャー|未来はここにある!「スタートアップ」と彼らを取り巻く投資家。注目のファウンダーが語る、その魅力と現状

回復の兆しを見せるファンド市場と、キャリアとしてのスタートアップ
リーマンショック以降、ようやく回復してきたというファンド組成額。年末の着地点では3500億近くまで到達するだろうと予想した上で、平均2兆円規模のアメリカなど海外の規模に比べたらまだまだ差分がある状態。「ようやく盛り上がってきたところですね。」「大チャンスでもあります。」というコメントが出た上で、「投資とスタートアップ」の現状についてトークが行われた。(出典:アメーバニュース)

起業・ベンチャー|韓国のオンデマンド掃除代行サービス「Miso」、Y Combinatorなどから約2.9億円を調達

韓国のオンデマンド掃除代行サービス「Miso(미소)」が、韓国内外のVCやエンジェル投資家からシードラウンドで31億ウォン(約2.9億円)を調達したと発表した。(出典:THE BRIDGE)

起業・ベンチャー|物流業界向けITプラットフォームのHacobu、アスクル等から1.6億円の資金調達実施

物流業界向けにハードウェアの設計製造販売およびアプリケーション開発を手掛ける株式会社Hacobu(東京都港区、代表者:佐々木 太郎)は、米国Visionnaire Ventures、アスクル株式会社、アーキタイプベンチャーズ株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社より、総額1.6億円の資金調達を完了した。(出典:VentureTimes)

カナダの融資フィンテックが500万ドル調達(カードBizと僕の勝手気ままログ)

カナダのトロントに本拠をおくフレクシティフィナンシャル(Flexiti Financial)は2013年設立のフィンテック。今回500万ドルを調達した。(出典:payment navi)

日本政策金融公庫|日本政策金融公庫、近畿地区上半期の新事業育成資金融資が過去最高

【関西】日本政策金融公庫(日本公庫)中小企業事業の特別貸付制度「新事業育成資金」の16年度上半期の近畿地区における融資実績が258社(昨年度同期125社)、150億6200万円(同56億1900万円)といずれも過去最高となった。15日、同公庫大阪支店が発表した。(出典:日本食糧新聞)

日本政策金融公庫|28年度上半期融資実績1857億円 日本公庫

日本政策金融公庫農林水産事業は11月17日、平成28年度上半期の融資実績が1857億円(前年同期比140%)となったことを公表した。特に規模拡大などに取り組む担い手農業者や新規就農者への融資が伸びた。(出典:JAcom)

融資|地銀21行・グループは減益ラッシュ。新たな収益モデル模索へ

地方銀行が日銀のマイナス金利政策による金利低下で苦しんでいる。2017年3月期連結業績予想の当期利益は減益が目立つ。低金利が本業の貸し出しの利息収入を圧迫する中、市況の悪化で投資信託や保険の販売による利益も減少している。収益増が見込みにくい中、経費削減を進めながら新たなビジネスモデルを確立できるかが今後の課題になる。
(出典:ニュースイッチ)

融資|岡山県16社7.5億円緊急融資 三菱自不正問題で取引先支援

三菱自動車の燃費不正問題で、岡山県は21日、地元取引先に対する各種支援制度の実施状況をまとめた。同社水島製作所(倉敷市)の軽自動車生産停止(4~7月)などで資金繰りが悪化した企業への緊急融資は
(出典:山陽新聞)

■2016年11月23日の資金調達ニュース

日本政策金融公庫・融資|融資実績、2けた増 北陸三県のソーシャルビジネス向け、日本公庫の今年度上半期

日本政策金融公庫(日本公庫)がまとめたソーシャルビジネス関連の融資実績によると、今年度上半期(4~9月)の融資件数は前年同期比27・7%増の92件、金額は13・0%増の6億3200万円で、いずれも2けた増となった。(出典:北國新聞)

劇場アニメ「この世界の片隅に」、海外進出のためのクラウドファンディングを開始 目標は1000万円

2週連続で全国映画動員ランキング10位にランクイン、ぴあ映画初日満足度ランキングでは第1位を獲得して話題となっている劇場アニメ「この世界の片隅に」。同作の海外進出をサポートするためのクラウドファンディングが11月22日、クラウドファンディングサービス「Makuake」でスタートしました。(出典:ねとらぼ)

■2016年11月24日の資金調達ニュース

ネット資金調達でニシキゴイ200匹放流 高齢化や捕食被害で激減していた香川の名勝・栗林公園

野鳥による捕食などで池のコイが激減していた国の特別名勝、栗林公園(高松市)で23日、インターネットで資金を募る「クラウドファンディング」を活用し新たに購入したニシキゴイ200匹の放流式があった。資金は7月下旬~9月上旬の間に9都府県と台湾の計82人から250万円が集まった。(出典:産経WEST)

「富岡復興ソーラー」29日着工 事業費の資金調達完了

富岡町民主導による大規模太陽光発電所(メガソーラー)「富岡復興ソーラー高津戸・清水前太陽光発電所」は29日、同町上手岡字高津戸・同町本岡字清水前で着工する。地鎮祭と事業説明が同日、現地で行われる。(出典:福島民友)

インドでマイクロ・ローン事業を展開するAye Financeが1030万ドルを調達

インドでマイクロ・ローン(小口融資)ビジネスを展開するAye Financeは、LGTがリードするラウンドで1030万ドルを調達したことを発表した。既存投資家のSAIF PartnersとAccionも本ラウンドに参加している。(出典:techcrunch)

サポート体制も充実!女性のためのクラウドファンディングサービス「iFundWomen」誕生

女性が経営する米国の企業数は、2016年時点で、1130万社と推計され、2007年から2016年までに45%増加しているという。米カリフォルニア州などで展開する「Hera Hub」や米ニューヨークの「Wing」など、女性専用のコワーキングスペースも米国の大都市を中心に広がってきた。(出典:techable)

きりん、りそな銀行ら30 億円の資金枠設定により、医療業界初の診療報酬債権予定額の当月支払いを実現するクリニック経営支援サービス「きりん FRM」を開始

きりん株式会社~キャッシュフロー、現場負荷を劇的に改善し、診療に集中する環境構築をサポート~完全無料電子カルテシステム「きりん ZERO」を 12 月 1 日より展開するきりん株式会社 (本社:東京都港区、社長:永用万人、以下きりん)は、同日より経営支援プログラム「きりん FRM」を開始します。(出典:産経新聞)

USENが飲食店開業支援サイト 資金調達など紹介

有線放送のUSENは飲食店の開業を支援する情報サイト「カナエル」を12月1日に開く。実際に店舗を運営する経営者の体験談をもとに、資金調達、登記、設備といった開業に関係するノウハウを掲載する。サイトを通じてUSENが手がけるレジや会計をクラウドで管理する店舗向けシステムなどを提案する。(出典:日本経済新聞)

「学習のCookpadを目指す」ノート共有アプリClearのアルクテラスがZ会、朝日学生新聞と提携——1.1億円の資金調達も実施

ノート共有アプリ「Clear」を運営するアルクテラスが、Z会、朝日学生新聞社との業務提携を発表した。業務提携を機に、Z会の親会社である増進会出版社と朝日学生新聞社を対象に1億1千万円の第三者割り当て増資も実施。主力事業であるノート共有アプリClearの有料コンテンツ強化をすることが目的だ。(出典:techcruch)

融資|商工中金で不適切融資の可能性 職員が書類改ざん

政府系金融機関の商工中金は、鹿児島支店の複数の職員が融資に関する書類を改ざんし、不適切な融資を行っていた可能性があると発表しました。
商工中金では、政府が調達した資金を原資に、大規模な災害や景気の悪化などで一時的に資金繰りが悪化した中小企業に弾力的に資金を融資しています。(出典:NHK)

融資|大光銀、事業性評価融資の推進体制 12月に評価シート導入

大光銀行は担保や保証によらず、事業の成長性を基準に融資の可否を判断する「事業性評価」の推進体制を構築する。顧客企業の成長性に軸足を置いた評価シートを12月に導入。一部営業店で地域の中核企業向けに運用を始め、2018年4月をめどに全店に広げる。(出典:日本経済新聞)

日本政策金融公庫・融資|県内創業融資「若年層向け」3.4倍増

日本政策金融公庫岐阜支店がまとめた2016年度上半期(4~9月)の岐阜県内の若年層(30歳未満)向け創業融資実績(創業前から創業後1年まで)は、企業数が前年同期比3・4倍の17社となり、統計数値のある12年度上半期以降で最高だった。全体の融資実績は7・9%増の151社で、過去2番目の高い水準。同支店は「有効求人倍率が改善するなど良好な雇用環境下でも創業が増加しており、若年層の創業マインドが高まっている」と分析している。(出典:岐阜新聞)

融資|静銀 目利きで顧客開拓

静岡銀行は、中小企業などのニーズを的確に把握し、ビジネスチャンスにつなげようと、行員らの「目利き力」を高める取り組みを進めている。顧客への理解を深め、より良い提案ができるようにするため、企業の事業内容を確認して課題などを分析するシートを昨年から導入。日銀のマイナス金利に伴い利ざやが縮小する中でも、利息収入を増やしている。(出典:中日新聞)

日本政策金融公庫・融資|石川 創業融資数35%増 4~9月期、前年比

美容業・エステ伸び 日本政策金融公庫(日本公庫)金沢、小松両支店のまとめによると、二〇一六年四~九月期に石川県で創業関連融資をした企業数の伸び率が、全国平均を大きく上回る前年同期比35・4%増だった。金沢市などを中心とした北陸新幹線開業効果の継続という地域的要因が追い風とみられ、北陸三県で石川の「独り勝ち」状態となっている。(出典:中日新聞)

日本政策金融公庫・融資|120年ぶり改正の重み-法務委質疑

憲法は公布から70年、制定時の姿のまま維持されてきました。同じく我が国の基本法である民法の債権関係の規定はさらに古く、公布から120年もの間、現代語化と若干の条文追加を除いては制定時と変わらず今日に至っています。ちなみに、債権とは、お金を貸した人が借りた人に返済を求める権利や、事故に遭った人が加害者に損害賠償を求める権利など、ある人が他の人に何らかの行為を請求できる権利のことです。私が銀行の社内弁護士時代、一番勉強し、活用した法分野でもあります。(出典:BLOGOS)

■2016年11月25日の資金調達ニュース

米ウーバーと競合の印オラ、自社評価額引き下げ資金調達-関係者

配車アプリを手掛けるインドの新興企業オラは、自社の評価額を約30億ドル(約3400億円)に大きく引き下げて資金を集めようとしている。事情に詳しい関係者が明らかにした。同業の米ウーバー・テクノロジーズによる挑戦をかわすため、資金確保に動いている。(出典:Bloomberg)

長文コンテンツからダイジェストを切り出せる「Yewno」、出版業界参入を目指して650万ドル調達

コンテンツ分析ソリューションの Yewno は650万ドルを追加で調達したと発表した。起業家の Desmond Shum氏がこのラウンドをリードし、Yewno のシリーズA資金調達ラウンドでの獲得資金は1650万ドルとなる。

Yewno の「人間の脳を模倣する」技術は、長文のコンテンツを分析してコンテキスト、つまり文脈を与えることができる。 脳と同様に Yewno のアルゴリズムはページ単位で学習してコンテンツを抽出し、知識を生み出すことができるので、検索エンジンだけでなく発見するプラットフォームにもなりうる。(出典:TheBRIDGE)

三大銀行 R3脱退ーーゴールドマン、サンタンデール、モルガン・スタンレー

ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、バンコ・サンタンデールの三大銀行が、ブロックチェーン・コンソーシアム、R3から脱退する意向を明らかにした。三社ともに正式なコメントは発表していないが、メンバーシップの更新はせず、今後は独自のブロックチェーン研究を続行するものと推測されている。原因はR3CEVによる多額の資金調達にあるとの見方が強い。(出典:ZUU Online)

ポストペットの新タイトル、PostPetVR「CAMPFIRE」で資金調達が開始、現在の状況は??

PetWORKs(ペットワークス)はメールソフト、ポストペットの20周年に向け新タイトル「PostPetVR」を開発を開始している。現在開発中の動画も公開し、更によいものにするため、クラウドファンディング「CAMPFIRE」で資金を募っている。(出典:VRINSIDE)

/div>

クラウドファンディング「CAMPFIRE」とOKa-Bizが連携。 ネットを活用した資金調達で中小企業をサポート!!

12月1日(木)、株式会社CAMPFIRE(キャンプファイヤー/東京都渋谷区)は、岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz(オカビズ/運営:岡崎市、岡崎商工会議所)と連携協定を締結します。インターネットを使った資金調達を、地方中小企業者の売上アップ支援メニューに本格的に加えます。
連携の締結後は、CAMFIRE社員によるクラウドファンディング活用講座の開催、OKa-Bizスタッフへのスキルアップ研修を開催予定です。また、今回の連携を記念して、締結式後にはCAMPFIRE代表取締役である家入一真(いえいりかずま)による特別講演を開催します。(出典:PR-TIMES)

秘密主義のビッグデータ企業Palantirが11月にひっそりと2000万ドルを調達

Palantir — 政府、金融、ヘルスケア、その他の組織に、分析、セキュリティ、その他のデータ管理ソリューションを提供する、秘密主義の200億ドル規模の企業 — が、新しいSECのファイリング によれば、再び2000万ドルの資金調達を行った。(出典:TechCrunch日本経済新聞)

ソフトバンクとみずほ銀、個人向けAI融資会社を設立

ソフトバンクグループ(9984)は25日、9月の基本合意に基づき、ビッグデータや人工知能(AI)を使った個人向け融資を行う新会社をみずほ銀行と共同で設立したと発表した。顧客データを活用して信用力に基づいて格付けし、融資する。2017年度前半のサービス開始を目指す。(出典:日本経済新聞)

融資|日生と住生、関西で融資残高減少 9月末

日本生命保険と住友生命保険は24日、関西地区での9月末の融資残高が3月末と比べてそれぞれ3.5%、9.3%減少したことを明らかにした。日生は貸出先数は増えたが、大口融資先からの返済や、一部取引先と金利について折り合わなかったのが響いた。住生も企業が設備投資を手元資金でまかなうケースが目立ち、資金需要が減ったという。(出典:日本経済新聞)

日本政策金融公庫・融資|日本公庫佐賀支店 ベンチャー融資上半期、過去最高

日本政策金融公庫佐賀支店がまとめた「ベンチャー企業向け新事業育成資金」の県内融資実績によると、2016年度上半期の融資先は前年同期比1社増の8社で、融資額は3億5400万円増の4億4千万円だった。上半期としては08年度以降、件数、金額ともに過去最高となった。(出典:佐賀新聞)

融資|みちのく銀行が移住・子育てを支援する低利融資を実施

日本全体が抱える課題の一つに、少子高齢化がある。その結果として、日本は人口減少に直面しつつあるのだ。さらには人口が減り続けることで、労働人口の減少や地方経済の衰退が懸念されている。(出典:ZuuONLINE)

融資|都が「環境債」導入目指して売り出した“サポーター債” 即日完売

環境対策に必要な資金を調達するための環境債「グリーンボンド」の発行高が世界的に増加している。日本でも環境省が普及に力を入れる中、東京都は24日、グリーンボンド発行に向けたトライアル施策として「東京環境サポーター債」を売り出し、その日のうちに完売した。都は、同サポーター債で約100億円を調達し、都が保有する施設のエネルギー使用の合理化を図るなど各種環境事業に充てる方針だ。(出典:HTEPAGE)

日本政策金融公庫・融資|3374億円 民間金融機関との協調融資(平成28年度上半期) 日本公庫

民間金融機関との協調融資(※1)の28年度上半期実績は9814件(前年同期比127%)、3374億円(同124%)だった。
協調融資スキーム(※2)を構築した金融機関数は9月末現在で453機関だった。(出典:農業協同組合新聞)

■2016年11月26日の資金調達ニュース

信用保証協会・融資|中小信用保証に規律 経産省・自民、「無保証融資」求める

経済産業省と自民党は中小企業への融資が焦げ付いたときに国などが返済を肩代わりする信用保証制度の見直し案をまとめた。企業に保証する際、銀行などに一定額の無保証の融資を求める。不況業種への全額保証もやめ、規律のある制度に変える。金融機関にリスクを負ってもらい、中小企業への助言など積極的な経営関与につなげる。(出典:日本経済新聞)

企業再生|全農改革 まず当事者の覚悟が問われる

日本農業の再生は、成長戦略の重要な柱だ。試金石となる農協改革は、当事者が自覚を持って取り組まねばならない。自民党の農業改革案が固まった。全国農業協同組合連合会(JA全農)に、農業資材の仕入れ・販売、農産物の販売事業で大幅な刷新を求めた。政府の規制改革推進会議の提言を大筋で取り入れており、妥当な内容だ。(出典:読売新聞)

■2016年11月27日の資金調達ニュース

日本政策金融公庫・融資|創業支援に積極関与 公庫大阪支店長に聞く

国が創業支援や経営革新による積極経営の応援に力を入れている。そんな中で融資実績で増加を続ける創業支援の現状、中小企業支援の取り組みなどについて政府系金融機関の日本政策金融公庫(日本公庫)大阪支店の猪塚良弘支店長に聞いた。(出典:大阪日日新聞)

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 資金調達ニュース

    資金調達方法のニュースナビ.ベンチャー/個人/中小企業|2016/12/21

  2. 資金調達ニュース

    資金調達ニュースまとめ2016年11月25日

  3. 資金調達ニュース

    資金調達ニュースまとめ|2016年11月18日

  4. 資金調達ニュース

    資金調達ニュースまとめ2016年11月29日

  5. 資金調達ニュース

    資金調達方法のニュースナビ.ベンチャー/個人/中小企業|2016年12月12日

  6. 資金調達ニュース

    資金調達方法のニュースナビ.ベンチャー/個人/中小企業|2016/12/20

  7. 資金調達ニュース

    資金調達方法のニュースナビ.ベンチャー/個人/中小企業|2016年12月14日

  8. 資金調達ニュース

    資金調達ニュースまとめ2016年11月22日

  9. 資金調達ニュース

    資金調達方法のニュースナビ.ベンチャー/個人/中小企業|2016/12/16

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 資金調達ニュース 資金調達方法のニュースナビ.ベンチャー/個人/中小企業|2016年12月12日
  2. 資金調達成功事例-創業2期目で3度目の資金調達に成功
  3. 営業ハック-顧客の購買心理を知る
  4. 営業ハック-嫌でもつい欲求を言いたくなる裏技
  5. 営業ハック1 営業力|営業マンで成功する為に個性「キャラ」は強みになるのか?

PAGE TOP