資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

ベンチャー起業時の融資・資金調達|建築・内装・工事・工務店関連業の場合

LINEで送る
Pocket

ベンチャー起業時の融資・資金調達|建築・内装・工事・工務店関連業の場合


資金調達・資金繰り・起業の無料相談

<起業支援サポート>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。
<女性起業支援サポート>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

建築・内装・工事・工務店の起業は日本政策金融公庫の新創業融資制度と信用保証協会の融資制度が利用できる

工務店、建築業、内装業などを起業する場合、かなりの費用がかかることになります。また、基本的には発注であったり、大企業からの下請けであったりと環境に左右されやすい部分もあるため、計画を立てるのが結構難しい職種でもあります。そんな中、日本政策金融公庫の新創業融資制度や信用保証協会の融資制度を利用することで、スムーズに資金調達をすることが可能です。

特に日本政策金融公庫の新創業融資制度を利用することは資金調達を円滑に進めるだけではありません。事業計画などをしっかりしておかないと制度の利用はできないため、うまく融資を受けることができるということはそれだけ確かな事業計画であるというお墨付きを受けることでもあります。

建築・内装・工事・工務店起業時の創業融資・資金調達の要点~自己資金・信用情報

起業にあたり、設備投資や運転資金など様々なものが必要になり、それを基に開業資金を決めます。そんな中、ある程度の自己資金があることにより、満額回答という形で資金調達をすることが可能になります。創業融資の際には預金通帳をチェックされ、一定期間を遡り、自己資金割合を調べます。

また、融資を受ける際には個人信用情報もチェックされることになります。住宅ローンなどでは個人信用情報に傷があれば、当然ながらローンを組むことはできません。これらの融資制度を利用する場合も同様であり、信用情報に傷がついているような状況では厳しく、数年間待った上で申請することになる場合もあります。その数年間で自己資金を貯めるのも1つのやり方です。

建築・内装・工事・工務店起業時の創業融資・資金調達の要点~経験・許認可事業

建築業や内装業、ならびに工事に関する仕事というのは簡単に始めることができません。許認可事業が関係するためであり、その許認可をいかにしてしてもらうかが重要です。また、技術や経験、能力なども問われ、人脈なども必要となります。このため、資金調達を考える際は、これらの要件が整っているかという部分も非常に大切です。

もし、これらの要素が欠けていると、継続的に仕事が回ってくる可能性が低く、事業計画に疑問が生じるのは明らかです。そのため、面談などの場でこのあたりのことを厳しく質問される恐れがあります。面談者を納得させる回答をするためにも、根拠のある答え、具体的な数値などを基にこたえていくことが求められることとなります。

建築・内装・工事・工務店起業時の創業融資・資金調達の要点~資金使途・新規雇用創出

建築業などの場合、規模を拡大することはそれだけ雇用創出につながります。公共事業などの受注を受ければ作業員が必要となり、作業員の数を増やして対応しなければなりません。一方、それだけ増えれば更なる設備投資も必要となり、運転資金も必要です。こうした資金使途を明確にすることが円滑な資金調達につながることとなります。

一方、作業員の高齢化という問題もあり、それを解消するため、若手を育てるというのも資金使途としては有力です。そのための雇用創出ということであれば、融資を受けやすくなります。設備投資のために資金調達を行うという理由だけでは不十分であり、なぜそれが必要なのかを具体的に示せるかが勝負どころと言えます。

自分で申請すると8割以上が失敗する建築・内装・工事・工務店起業時の創業融資・資金調達

気持ちだけでどうにかなれば、資金調達も苦労はしません。融資を受ける場合には本当に許認可を受けることができるのか、事業計画は本当に現実的か、資金使途に具体性があるのかなど、そのあたりの部分を審査でチェックされます。つまり、この部分が甘ければ簡単に失敗し、何度もチャレンジをすることになってしまいます。

工務店などの起業に関するノウハウに長けたところに任せれば、どのような面談となるか、どの部分を厳しく見られるかがすぐにわかります。審査さえ通ればすぐに融資を受けることができるだけでなく、事業計画に不備があればそれを早い段階で改善することができます。起業段階で改善できるものを改善し、円滑にスタートさせることができるようになります。

資金調達方法の関連記事

建築・建設・工務店・リフォームなどの起業・経営される方は併せて読もう

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談

<起業支援サポート>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。
<女性起業支援サポート>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 中小企業経営力強化資金制度

    中小企業経営力強化資金融資|低金利・無担保無保証・自己資金要件無

  2. ベンチャースタートアップ起業時の融資・資金調達|EC・通販業の場合

  3. 起業創業

    保存版|起業創業するなら知っておきたい会社設立手続き5つの流れ

  4. 起業家会社設立各種手続き

    起業家のための会社設立後~各種手続き届け出

  5. 資金調達方法を考える前に必読!ベンチャー・個人・中小企業を狙うワナ

  6. クラウドファンド

    クラウドファンディングによる資金調達の概要

  7. 資金調達コンサルティング選ばれる理由

    保存版|資金調達・融資の目的。銀行金融機関からの借入の意味を理解する。

  8. 起業家会社設立_合同会社

    起業家のための合同会社のメリット・デメリット

  9. 資金繰り資金ショート回避

    資金ショートの倒産を回避する緊急時の支払優先順位と資金繰り対策とは

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 日本政策金融公庫 起業創業の資金調達!新創業融資制度(日本政策金融公庫)の申請方法を知る
  2. 日本政策金融公庫 日本政策金融公庫(日本公庫 国民生活金融公庫)による資金調達・資金繰り改善
  3. 経営改善/企業再生事例|急激な事業拡大と資金繰り悪化からの経営支援
  4. 資金調達ニュース 資金調達ニュースまとめ2016年11月24日
  5. 資金調達ニュース 資金調達ニュースまとめ|2016年11月17日

PAGE TOP