資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

保存版|資金調達で追加融資の際に銀行が見る事業計画書のポイントとは?

ベンチャーキャピタルからの投資
LINEで送る
Pocket


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

資金調達の追加融資と事業計画書の関係は?

新たに金融機関から融資をしてもらう方法を「追加融資」と言いますが、この追加融資と事業計画書には密接な関係があります
これは「事業計画書」には企業経営において重要なことが多く書かれているためです。

一例として、取引先名です。優良取引先が多くの売上割合を占めていれば金融機関は安心して貸し出しをすることができるのです。

「事業計画書」が書けない経営者が融資を申請しても、金融機関は、貸し出しをして良いものなのかという「定性的」な面を危惧します。
そのため、「追加融資」を受けるのであれば事業計画書が重要となっており、融資の前には事前に事業計画をきちんと作成しておくことが重要になります。

資金調達成功率98%以上の経済産業省認定機関ファイナンスアイでは事業計画書の作成もサポートしています。

事業計画書の中でも特に重要になる「資金繰り表」

事業の動機や取引先などが書かれている事業計画書において、銀行などの金融機関が特に重視するポイントが「資金繰り表」です。

資金調達ができる事業計画書・資金繰り表

「資金繰り表」は、その期間によって分類でき「年別」、「月別」、「日別」の3つの期間に分けられ、期間内での資金の損益を把握することができます。

「資金繰り表」が事業計画書の中でも重要になっている理由
「返済可能性」を判断することができる有力な材料になるためです。

例えば、事業の動機が素晴らしくても、実損益を見て損失過多であれば「返済の見込みがない」と判断せざるを得なくなります。
逆にあまり知られていない業界でも、安定的な収益が見込めれば優良企業と判断するかもしれません。

もちろん、資金繰り表が素晴らしくても、経営者の質などで融資を拒まれる可能性はあります。ですが、一般的には金融機関が事業計画書の中で特に重視するものは「資金繰り表」であり、この表と事業計画との整合性が高いと融資の可能性が高くなるのです。

実現性のある計画ほど、融資の可能性が高まる

追加融資の可能性を高めるのであれば、事業計画書の実現性を高める必要があります。この実現性とは、実際に事業が成功する可能性のことで、「絵に描いた餅」で終わらせない能力ともいえるものです。

例えば、現状の取引先を踏まえた売上予測と、架空の取引先を踏まえたものとでは、前者の方が実現可能性が高く融資の可能性が高まるのです。
そのため、より地に足のついた資金用途を計画書に記し、その事業計画に基づく返済計画を組み立てる必要があります。

そして、この返済計画を立てるときに「資金繰り表」が根拠となるので、銀行が重視するのです。
そのため、もし追加融資を望むのであれば「事業計画書」を作り、それに見合う「返済計画」と根拠となる「資金繰り表」を作る必要があるのです。

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 起業のファイナンス-スポンサーの資金提供で起業するリスク

  2. 経営ハック-シリコンバレー流リーンスタートアップサイクル

  3. 融資面談面接

    融資の面接・面談で聞かれる12の質問に答えて資金調達する

  4. 資金調達コンサルティング選ばれる理由

    保存版|資金調達・融資の目的。銀行金融機関からの借入の意味を理解する。

  5. 商工会議所の融資

    資金調達の目的に応じた事業計画書の制作方法

  6. 資金調達・資金繰りのセミナー講師・講演

    資金調達は融資だけではない。会社のキャッシュを増やす方法

  7. 資金調達方法を考える前に必読!ベンチャー・個人・中小企業を狙うワナ

  8. 経営ハック-経営者はトレーニングでメンタルを鍛える

  9. 女性起業

    女性ベンチャー起業が資金調達する方法。国も推進する今がチャンス

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 営業ハック-今の自分は何点?成功者が実践する自己点数の診断
  2. 資金繰り表作成 資金調達(融資)にも使える資金繰り表作成方法と4つのチェックポイント
  3. 資金調達ニュース 資金調達方法のニュースナビ.ベンチャー/個人/中小企業|2016/12/20
  4. 資金調達ファクタリング 必読|ファクタリングで売掛債権を現金化する資金調達方法で資金繰り改善
  5. 営業ハック-成果の上がる自己紹介のコツ3~物語風に話す

PAGE TOP