資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:銀行・民間金融機関のメリット・デメリット

起業のための資金調達方法:銀行・民間金融機関のメリット・デメリット
LINEで送る
Pocket


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:銀行・民間金融機関のメリット・デメリット

銀行・民間金融機関でスタートアップベンチャーが起業時に利用できる融資制度

ベンチャー企業を立ち上げたいと考えた際に、真っ先にネックとなるのが開業資金です。会社を立ち上げるだけなら少額でも可能ですが、業務を行う上での機材購入費や人件費などを最初から持ち合わせている経営者は少ないからです。
スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法として最適なのが、信用金庫や信用保証協会などからの支援を受けてお金を借り入れることだと言えます。プロパー融資やマル経融資、制度融資など融資を受ける手法も様々なものが存在していますので、信用保証協会からお金を借りようとして保証人を立てられなかった場合でも違う融資方法に切り替えれば、お金を借りることが決して難しくありません。スタートアップ支援はかなり積極的に実施されているのだと認識しておいてください。

スタートアップベンチャー起業家が利用できる「銀行・信用金庫」

スタートアップベンチャー起業家が利用できる銀行や信用金庫というのは、起業を志していない方が存じていないというだけで実のところ非常に多く存在しています。その代表格と言っていいのがプロパー融資が受けられるようになっている信用保証協会という公的機関で、事業資金を調達したい場合に信用保証協会が真っ先に推奨されるといった傾向が世間にはあります。
しかし誰もが利用しているメガバンクや地方に根付いた銀行、または信用金庫なども将来性のあるベンチャー起業家への資金提供を昨今積極的に行っています。これはゼロ金利政策の影響が大きいと言えるのですが、起業する側からすると資金調達が得やすい環境が整っているのが現状ですので覚えておいてください。

スタートアップベンチャー起業家が利用できる「制度融資」

資金調達は民間の銀行や信用金庫からだけでなく、公的な機関である信用保証協会からも審査さえ通れば得られるようになっています。ただしより簡単にまとまった金額を事業資金として得たいなら地方自治体の制度融資を受けることも頭に入れておいて損はないと言えます。
スタートアップベンチャー起業家の支援に力を入れている地方自治体というのは相当な数が存在しており、自治体が直接融資を行うわけではなく、自治体と信用保証協会、金融機関の三者が協力する形で中小企業やスタートアップベンチャー起業家への資金支援を行う制度融資を活用しているところも多いと言えます。地方自治体にもよりますが、商工会議所などで資金調達の相談を行ないその後スムーズに融資が受けられたという実例も少なくないので是非記憶しておいてください。

スタートアップベンチャー起業家が利用できる「信用保証協会融資」

地方銀行や地方信用金庫ではなく信用保証協会から直接的にスタートアップベンチャー起業家が資金調達を果たしたいと検討しているなら、まずは保証申請を出し保証認定を受けるところから始めるといいでしょう。
信用保証協会から制度融資ではなくプロパー融資を受けるメリットとしては、長期の借入れに対応した保証制度があるのでお金の返済を急がずにじっくりと行える、金利が低めなのでトータルで返金する金額を低く抑えられる、不動産などの担保が無くても問題なく融資が受けられるなどといった点が挙げられます。
審査が厳しいというデメリットもありますが、審査を通過さえしてしまえばかなり融資を受ける側にとって有利な形での開業資金が借りられるということなので、駄目元でも保証申請を出してみることをおすすめします。

スタートアップベンチャー起業家が利用できる「銀行・金融機関融資」のまとめ

スタートアップベンチャー起業家を支援している、または大口の融資対象と捉えている民間の金融企業や公的な機関は本当に沢山ありますので、資金調達は諦めなければいずれは叶うと言えるでしょう。
信用保証協会から低金利で資金の調達を受けるか、制度融資で地方自治体と連携した融資を受けるか、一般的な民間の金融機関を頼ってお金を借りるかの選定を行ってから、自身にとって最もメリットが大きそうなところから相談に行くことが賢い選択だとも言えます。
もちろん借りたお金は返さなければならないので、起業のための資金とは言え借金を負うことには代わりが無いというデメリットも理解した上で、必要な分のみの融資を受けることも忘れないでください。

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:日本政策金融公庫のメリット・デメリット

  2. 資金調達成功事例-育児後10年を経て理容師の創業融資を成功へ

  3. 起業のための資金調達方法:自治体による制度融資のメリット・デメリット

    スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:自治体による制度融資のメリット・デメリット

  4. ベンチャー起業時の融資・資金調達|スナック・パブの場合

  5. 起業家の資金調達方法と種類のまとめ

    スタートアップベンチャー起業家の資金調達方法と種類のまとめ

  6. 創業融資・借入で創業した起業家の業績が伸びる理由

  7. 起業のための資金調達方法:信用保証協会のメリット・デメリット

    スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:信用保証協会のメリット・デメリット

  8. 資金調達成功事例-取引先の事業を小規模承継融資で資金調達を行い譲受に成功

  9. 資金調達成功事例-起業後2年間で4回の資金調達に成功する

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 信用保証協会の制度融資 信用保証協会の制度融資で資金調達するメリット・デメリット
  2. 経営改善/企業再生事例|京都の伝統工芸が破産寸前から再建を成功
  3. 資金調達コンサルティング選ばれる理由 行政・自治体・地方公共団体の制度融資による資金調達は1%未満の低金利!
  4. 営業ハック2 営業力|傾聴スキル(聞く力 アクティブリスニング)はどのくらいUPすればいいのか…
  5. 営業ハック-事業再生時のリニューアル方法

PAGE TOP