資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

経営ハック-アメリカで最も成功しているスポーツビジネス『アメフト』に学ぶ経営・ビジネス

LINEで送る
Pocket

経営ハック-アメリカで最も成功しているスポーツビジネス『アメフト』に学ぶ経営・ビジネス

『アメフト(アメリカンフットボール)』というスポーツは皆さんご存知でしょうか。よく「ラグビー」と比較されたりしますが、『コンタクトスポーツで楕円形のボールを扱っている』と言う共通点以外は全く別のスポーツです。「走る格闘技」とも呼ばれている程、過酷な試合を選手は戦う球技です。日本では、アメフトを知っていると言う方でも、ルールやシステムを把握していると言う方は非常に少ないのですが、1番人気のあるスポーツです。そして、アメリカで最も成功したスポーツビジネスが『アメフト(アメリカンフットボール)』です。アメフトのイベント「スーパーボウル」は、アメリカ史上最多の視聴者数を獲得し、TVCMの広告枠も30秒4億円もする高い影響力を持っています。

私は、小学生から大学生までアメフトを続け、現在も母校である関西大学カイザーズのコーチとして在籍しています。現在、私自身も経営者として会社を運営して行く中で、アメフトと経営に関する共通点が多数あり、アメフトで学んだ事が経営に活きています。今回から順を追って少しずつお話をさせていただきます。

アメフトと経営の共通点~チームの組織形態は会社組織と酷似している

アメフトは人事戦略・人事マネジメントが必要

大学アメフトのトップチームとなると部員数は、150名以上在籍しています。人数だけを見ると、ちょっとした上場企業以上の人数をマネジメントしています。そして、アメフトのルールでは選手の交代が自由にできます。そのため、150名の人材を適材適所に、誰をどこに配置して、どのような仕事をさせるのかという『人事配置(人事戦略)』が勝負の肝になります。

さらに特徴的なのは、オフェンスやディフェンスに所属していても更にそこからポジションが割り振られます。そして、基本的には、そのポジションの専門家になっていきます。

例)
1度QB(ボールを投げる人)になった場合は、基本的にはQBの練習しかしません。どんどん専門性を高めていき、その専門家達が1つのチームを作り、相手チームと戦います。

アメフトの組織図は企業の組織図と類似する

アメフトではQBやRB(ボールを持って走る人)などのようにポジション名で呼ばれますが、それらのポジションが企業になると、人事部・営業部・総務部・財務部等の部署になります。企業では、これら各部署の専門家達を束ねて経営者が経営戦略を練り上げてマネジメントする事で、市場の中で戦い未来へと進んで行きます。

企業が市場で勝ち残るためには、スタッフの特性・長所を見抜き、経営戦略上どの部署にどれくらいの数の人材を配置していくべきなのか人事マネジメントが必要になります。大企業と同様に、アメフトでも資金が豊富で知名度の高い大学は、推薦も含めて優秀な人材を豊富に揃える事ができます。しかし、中小企業やベンチャー企業が市場で影響力を持つ事ができるのと同様に、アメフトでも特色を出し戦略的なマネジメントを設計していく事で、条件的に不利なチームでも勝つことが出来ます。
その為には、自分たちの得意な分野を見極めそこに勢力を一気に集中する必要があります。

競合リサーチと分析で、勝つための戦略を練り実行する

私が在籍している母校の場合、オフェンスやディフェンスにおいては、上位校と対等に戦うには人材面、能力面などでは厳しいところがありました。
我々は、競合の上位校をリサーチ(競合リサーチ)し分析した結果、競合が力を入れていない分野がどこにあるのかを発見し、徹底的にキッキングのノウハウやスキルを蓄えていく戦略を取る事にしました。そのため、チームを勝利に導くための戦略として、オフェンスとディフェンスの合間に行われるキッキングというプレーに力を注いでいます(例えるならば、五郎丸選手のキックの様なものです。)
この戦略を実行した結果、私が在籍しているチームは、資金面や人材面で勝てるはずもないと思われるチームに試合で勝利しています。

アメフトの勝つための戦略は企業が勝つための戦略でもある

アナタの会社がベンチャーや中小企業であったとして、競合に大手企業が居たとしても屈することなく、『自社だからこそ出来ること』や『相手の弱点や自分たちの強み』を発見して行くことで、十分に戦うことが出来ます。

その最たる例が、以前にもあげさせていただいたUSJの戦略です。
ブランド力やキャラクターの知名度で圧倒的に劣るディズニーランドに対して、「如何にして戦って行くのか」を日々考え続け導き出した戦略コンセプトが『エンターテイメントのセレクトショップ』と言うコンセプトです。これにより見事にV字回復を達成しています。

皆様も自身の会社の強みや業界の特徴を再度見直すことで経営戦略を作成してみてください。必ず悩み抜いた末に答えは、見つかります。

資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。
LINEで送る
Pocket

インテグリティ代表取締役/田村広大 営業コーチングコンサルタント

関西大学法学部卒業後、三井住友銀行に入行。資産家の資産管理業務をメインに担当。その後、「損得勘定なしで人助けがしたい」と思い立ち、吹田市消防本部にて消防士に転職。金融機関の理不尽さを感じ、金融業界をよくしたいという思いから保険業界入りをする。保険業界に入り、初年度から世界のトップ営業成績を達成し、MDRTを取得する。しかし、自分自身の営業成績が上がっても業界は良くならない事に気付き、株式会社インテグリティを起業し、保険営業マン向けのコンサルティングを提供している。「誰でも努力し続ければ成功する。」という独自のメソッドで年収1,000万円以上のプレーヤーを多数輩出している。

関連記事

  1. 営業ハック-GRIT・やり抜く力を育てる

  2. 営業ハック-的を絞ると営業が成功する

  3. 営業ハック2

    営業力|傾聴スキル(聞く力 アクティブリスニング)はどのくらいUPすればいいのか?

  4. 営業ハック-的を絞ると営業が成功する2

  5. 営業ハック-ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズも実践。成功者の『今への集中』

  6. 営業ハック-大勢の部下の前で話すコツ

  7. 営業ハック-デキる営業マンは自己紹介を大切にしている

  8. 営業ハック-成功する人事

  9. 営業ハック-事業再生時のリニューアル方法

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 資金調達コンサルティング選ばれる理由 行政・自治体・地方公共団体の制度融資による資金調達は1%未満の低金利!
  2. 営業ハック-誰でも簡単に商談に入れる「1つ飛ばし」のアプローチ
  3. 経営ハック-楽天・三木谷氏に学ぶ成功する仕事術
  4. ローカルベンチマーク ローカルベンチマークが資金調達(融資)の重要指標になる【保存版】
  5. 営業ハック-根拠のない自信の大切さ

PAGE TOP