資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

日本政策金融公庫、信用保証協会、銀行の融資による資金調達の違いとは?

資金調達の違い
LINEで送る
Pocket

融資借入による資金調達を考えた時、起業創業時のスタートアップベンチャーや中小企業の経営者などが利用するメジャーな金融機関は、
「日本政策金融公庫」、「信用保証協会」、「銀行・信用金庫」の3つがあげられます。

では、同じ融資借入による資金調達でも「日本政策金融公庫」、「信用保証協会」、「銀行・信用金庫」にはそれぞれどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、それぞれの融資の特徴を紹介します。


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■日本政策金融公庫の融資借入による資金調達

日本政策金融公庫は、起業創業スタートアップベンチャーの創業融資や、中小企業の経営者向けの融資制度を取り扱うために、財務省所管特殊法人として2008年10月に設立されました。日本政策金融公庫は、政府系金融機関として民間金融機関を補完する役割を担っています。他にも公的機関の一つである信用保証協会に対して中小企業信用保険を提供しており、金融機関の”保険”という役割も担っています。

日本政策金融公庫は、起業創業を推進する使命をもっており、新創業融資制度や開業融資などの様々な融資制度を提供しています。
起業創業時のスタートアップベンチャー融資を受ける資金調達として、一番可能性が高い公的金融機関です。

■日本政策金融公庫の業務大分類

1.国民生活事業
2.農林水産事業
3.中小企業事業
4.危機対応円滑化業務

※一般的な中小企業が融資で資金調達をする際にお世話になるのは、「国民生活事業」です。「国民生活事業」は、法人に対する事業資金融資が主業務になっています。

平均融資残高:679万円
融資先の90:社員数9人以下
融資先50%:個人企業主

日本政策金融公庫で起業創業のスタートアップベンチャーや中小企業の経営者が、よく利用する融資制度は次の通りです。

■新創業融資制度(日本政策金融公庫の融資制度1)

新創業融資制度は、ファイナンスアイに相談に来られるお客様の多くも資金調達に利用されています。最大の特徴は「無担保・無保証・連帯保証人不要!最大3,000万円の融資」です。
他にも様々ある創業開業融資制度の中でも新創業融資制度は、「無担保・無保証・連帯保証人不要」という好条件の融資制度です。さらに、対象は法人だけではなく、融資先50%を占める個人事業主も対象としています。

当然このような破格の条件であるが故に、審査事態は厳しく、一般的な融資承認は1~2割程度と言われています。

※しかし、ファイナンスアイで相談をお受けした起業家の、「新創業融資制度の資金調達成功率は99.8%!」という高い実績を達成しています。ファイナンスアイでは無料で相談に応じています。お気軽にご相談下さい。

■新規開業資金・新企業育成貸付(日本政策金融公庫の融資制度2)

新規開業資金(新企業育成貸付)は、事業開始後7年以内の中小企業を対象とした融資制度になります。

融資限度額:7,200万円(運転資金4,800万円)
融資用途:新事業開始にかかる資金、または事業開始後に必要な資金

■普通貸付(日本政策金融公庫の融資制度3)

日本政策金融公庫の「普通貸付」は、業種業態の幅広く多くの中小企業が利用できる融資制度です。

融資限度額:4,800万円
利子:用途による

■マル経融資(日本政策金融公庫の融資制度4)

日本政策金融公庫の「マル経融資」は、商工会議所・商工会などから経営指導を受けている小規模業者が、経営改善のために必要な資金を「無担保・無保証」で資金調達できる融資制度です。

融資限度額:2,000万円
無担保
無保証
※商工会議所会長または商工会会長等の推薦が必要

■信用保証協会の融資借入による資金調達

よく勘違いされる方もいらっしゃいますが、信用保証協会は「融資機関ではなく保証機関」です。信用保証協会は、会社が銀行から融資で資金調達をする際に、会社の「保証人」になります

銀行は、信用保証協会付の融資であれば、会社が返済不能になった時、保証協会が銀行に残債を返済してくれます。そのため、取引はまず「信用保証協会の制度融資」から始まります。この時、債権者は保証協会になります。
※さらに、保証協会は日本政策金融公庫との間で再保険をかけており、最終的には日本政策金融公庫がバックにつく形になります。

このように、多くの中小企業の経営者が利用する信用保証協会の制度融資とは、信用保証協会が直接融資をするのではなく、保証人として保証して融資を受けれる制度になります。

さて、この信用保証協会には、次のような保証制度が用意されています。

  1. 流動資産担保融資保証制度(ABL保証)
  2. 小口零細企業保証制度
  3. 経営力強化保証制度
  4. 借換保証制度
  5. 特定社債保証制度

■銀行融資(プロパー融資)による資金調達

銀行が企業へ融資をする際に、信用保証協会の保証制度を使用せずに、銀行独自の基準で実行される融資を「プロパー融資」といいます。

保証協会付の制度融資と違い、銀行単独で行われる「プロパー融資」は非常にハードルが高いです、起業創業時のスタートアップベンチャーはもちろん、事業歴が浅いまたは規模の小さい中小企業が「プロパー融資」を受けれる事は滅多にありません。
これは、銀行側からすれば、融資した中小企業が返済不能になった際のリスクが高いためです。

「プロパー融資」で資金調達をする際には、各銀行それぞれに独自の審査基準が用意されています。事業内容や財務状況だけではなく、社歴・代表者の人格なども含めて厳しく評価されます。

いずれの銀行でも審査に用いられるのは「スコアリング」になります。
このスコアリングの評価基準は何かというのは、融資で資金調達を受けたい経営者らには分かりません。

しかし、いずれの銀行のスコアリングであっても、評価基準に決算書や財務状況が大きく関わっている事は間違いありません。
まずは次のような内容を考え、決算書や財務状況を改善していきましょう。

銀行プロパー融資のスコアリングに影響する内容

  1. 売掛金の規模、回収不能な売掛金は改善されているか?
  2. 納品・在庫状況・仕入に改善はあるか?
  3. 固定資産は適切な評価額か?
  4. 研究費、開発費などの繰延資産はいくらか?
  5. 役員貸付金や役員借入金はないか?使途不明金はないか?
  6. 経営者の人格・先見性・事業家としての資質はどうか?
  7. 事業計画書に実現性はあるか?融資は回収できるか?
  8. 社歴は何年?事業継続性は?従業員・後継者の育成は?

その他にも様々な要素や視点で企業を評価していきます。

まずは、信用保証協会付の制度融資から関係構築を始めて、銀行に足を運び担当者と頻繁に連絡を取り、売掛金の入金口座・従業員の給与振込口座・積立預金などの取引も進めながら、社歴を積み、業績を上げていくと、銀行側と「プロパー融資」の話をしていく事ができます。

重要な事は、苦しみから目を背けず誘惑に惑わされず、他社から信頼される堅実な経営を続けていく事です。

※ファイナンスアイでは、中小企業様に「初めてのプロパー融資」の資金調達も実行してきています。資金調津成功率98%以上の高い達成率。相談は無料ですのでお気軽にご相談下さい。

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 経営ハック-消防士の規律と団結力に学ぶ組織マネジメント

  2. 資金繰り表

    資金繰り悪化をまねく9大ポイントと資金ショートを未然に防ぐ方法とは

  3. 経営ハック-アメフトNFLの哲学に学ぶ経営

  4. 事業計画書に必要な売上予測の立て方

    保存版|資金調達を実現する「事業計画書」に必要な売上予測の立て方とは

  5. 資金調達・資金繰りのセミナー講師・講演

    資金調達は融資だけではない。会社のキャッシュを増やす方法

  6. 経営ハック-消防隊に学ぶ分業制のすすめ

  7. 追加融資

    追加融資で資金調達!創業後1年未満、赤字でも追加融資を成功させる方法

  8. リスケ銀行交渉のポイント

    融資のリスケ(返済条件変更)申込時の銀行金融機関交渉のポイントとは

  9. 返済条件変更リスケの更新

    融資のリスケ(返済条件変更)を更新するための3つのポイント

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 営業は個性的に行う
  2. 営業ハック-出来る営業マンにになる方法
  3. 日本政策金融公庫 日本政策金融公庫(日本公庫 国民生活金融公庫)による資金調達・資金繰り改善
  4. 営業ハック-事業再生時のリニューアル方法
  5. 資金調達ニュース 資金調達方法のニュースナビ.ベンチャー/個人/中小企業|2016/12/17

PAGE TOP