資金繰り改善方法

経営ハック 資金調達・資金繰りの方法

融資などの借入に頼らすに資金繰りを改善する方法とは

更新日:


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■緊急の資金ショート時にできる資金の作り方とは

経営を続けているといくら注意をしていても、大口先の突発的な事故等により資金不足になることが絶対にないとは言い切れません。
このような場合にできることは、とにかく資金化するということです。

例として
・代表や役員が会社に貸付を行う
・銀行などの金融機関から一時的な融資による借入を行う
・保有資産の売却等により現金化を行う
・売掛金の回収を早める

上記は一例ですが、このように様々な手段で現金化できるものが無いかを検討する必要があります。
「負債を増やして現金を増やしたり」「資産を取り崩して現金化したり」と、資金ショート時にはありとあらゆる手を使い、とにかく資金ショートを回避する必要があります。

■「売掛金の回収を早め」、「資産を取り崩し」で資金を増やす

現金化しやすい資産には、流動性の高い売掛金や手形などがあります。
こうした流動性の高い資産を早めに回収することで、一時的に現金を増やすことできるようになるのです。

特に、この売掛金の回収に遅延が起きているのであれば、その取引先への回収を早急に必要があります。ただし、取引先の経営状況によっては売掛金や手形の回収ができない場合もあるのが現実です。

また、売掛金を回収したにも関わらず「資金ショートが回避できませんでした」では意味がありません。まずは、早急に回収の行動を行い、同時にいくら資金化が可能かを把握する必要があります。

売掛金など債権の回収だけでは間に合わない場合、設備投資などの資産を取り崩す必要があります。
もちろん、こうした資産を取り崩すと将来的な売上にも影響が出てしまいますが、資金ショートが回避出来ない場合には、将来、事業自体がなくなるリスクもありますので、経営者は資産の取り崩しも考えねばならないのです。

■「取引先への支払いを遅らせる」などで支出を減らす

資産の現金化する方法だけでなく、取引先や社会保険料、税金の支払いを遅らせたり、取引銀行への支払いを遅らせることもできます。また、銀行から新たに借り入れを要請することもできるので、このように一時的に資金を作り出すことで、資金不足の回避を行うことも重要です。

しかし、特に借入には時間がかかる場合があり、断られることもあります。そのため、資金ショート回避策の全容を固めることを早急に行う必要があることを肝に銘じておきましょう。

そして、資金ショート回避策の全容が固まったらすぐに関係各社に面談の打診を行い、当社への支援申し出と同時に支出の遅れ部分をどのように解消していくのかを説明し、関係各社からの了承を得る必要があります。

この部分で雑な対応を行うと、信頼関係がなくなり、資金以外の理由で事業の存続が困難になってしますので、代表自らが行う等の十分な配慮をする必要があります。

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

-経営ハック, 資金調達・資金繰りの方法
-, , ,

Copyright© ファイナンスアイは資金調達成功率98%以上 , 2019 All Rights Reserved.