資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

資金繰り悪化をまねく9大ポイントと資金ショートを未然に防ぐ方法とは

資金繰り表
LINEで送る
Pocket


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金繰りの悪化が倒産への第一歩になる

企業活動をしていく上で「資金は企業の血液」のようなもので、その流れが滞ると経営に著しい問題をきたします。
そして、資金繰りが悪化していくと倒産への第一歩となってしまうのです。
そのため、経営者は資金繰りの悪化を防ぐようにビジネスをしていく必要があります。

資金繰り悪化が倒産を招くステップ

  1. 例えば、販売不振によって売上が減少すると収益が減ります。
  2. 収益が減少すると、本来払うべき人件費などの変動費や固定費が払えなくなります。
  3. 費用が払えなくなると、人件費削減のために従業員をリストラします。
  4. しかし、リストラすると販売員が減り、さらに売上が減ります。

このように負の連鎖が続くと、次第に倒産へとつながっていくことになっていきます。
倒産を防ぐためにも「資金繰り」が必要になります。

■資金繰りが悪化する9大ポイント

倒産する原因を大きく分類すると「収益の減少」か「費用の増加」のどちらかになります。

これを更に細かく分類すると次の9つのポイントに分けることができます。

  1. 「販売不振」による売上の減少
  2. 賞味期限や消費期限切れによる「在庫状態の悪化」
  3. 取引先が倒産したことによる売上の減少や債権回収ができなくなる「連鎖倒産」
  4. 経営状況が悪くなっているにもかかわらず、そのままの状態にしておく「既往のしわよせ」
  5. 売掛金の催促をしない「債権回収の怠り」
  6. 管理体制が整っておらず、過度な出費などを見逃す「放漫経営」
  7. 計画性のない、無理のある「設備投資過大」
  8. 他人資本が多くなり、取引銀行に依存する「過小資本」
  9. 不渡りなどによる「信用性の低下」

このような理由があって、資金繰りが悪くなって、次第に倒産へと進んでいくのです。

■「資金繰り表」で素早く資金ショートを察知する

「資金繰り表」で出納を管理していれば、いち早く異変に気づく事ができます。

資金繰りが悪化する9大ポイントを見てみると、基本的には帳簿を取っていれば、資金繰りの悪化の原因を防ぐことができます。そのため、資金ショートさせずに倒産しない経営には、「資金繰り表」の作成がマストで必要になります。

「資金繰り表」には期間ごとに「日別」、「月別」、「年別」があります。
この中で、資金ショートを防ぐために効果的なものは「日別資金繰り表」になります。

「日別資金繰り表」とは

「日別資金繰り表」では、日ごとに使う予定の資金を把握することができるようになります。
また、「日別資金繰り表」は数カ月先、例えば3カ月後まで予測しておけば万が一の際にも備えられるようになります。

もちろん、中には「月別」や「年別」でないと把握できないこともありますが、基本的には「日別資金繰り表」を作成しておくことで、経営上の異変をいち早く気づくことができるようになります。その結果、資金ショートの可能性を事前に把握できます。

「資金繰り表」は実際に業務で使用されてはじめて意味があるものになります。日々資金繰り表を確認する癖をつけていくことが大切です。

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 日本政策金融公庫

    資金調達を日本政策金融公庫の新創業融資制度で行うメリット・デメリット

  2. 経営ハック-シリコンバレー流リーンスタートアップサイクル

  3. 融資審査定性評価

    融資審査の「定性評価」で求められる3つのポイント対策で資金調達する

  4. 経営ハック-消防隊に学ぶ分業制のすすめ

  5. 企業再生

    資金調達(資金繰り)で債務超過の企業再生(事業再生)に必要な2つの改善策

  6. 経営ハック-USP『独自の売り』で他社と差別化する方法

  7. 経営ハック-トレーニングで鍛える経営の継続力

  8. 融資面談面接

    融資の面接・面談で聞かれる12の質問に答えて資金調達する

  9. 経営ハック-楽天・三木谷氏に学ぶ成功する仕事術

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 経営ハック-シリコンバレー流リーンスタートアップサイクル
  2. 資金調達成功事例-取引先の事業を小規模承継融資で資金調達を行い譲受に成功
  3. 経営ハック-アメフトに学ぶ経営とマジメント2
  4. 起業のファイナンス-創業時の資金調達は融資が正解。借りれるだけ借りるべき?
  5. 融資面談面接 融資の面接・面談で気を付ける3つのNGワードと注意するべき3つの事

PAGE TOP