起業のための資金調達方法:ベンチャーキャピタルのメリット・デメリット

資金調達|ベンチャーキャピタル・ファンドからの融資・出資 起業時の資金調達

スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:ベンチャーキャピタルのメリット・デメリット

2017年6月13日



エステ・ネイル・美容サロン系の起業は日本政策金融公庫の新創業融資がオススメ。創業計画書の書き方

スタートアップ向け融資制度拡充に対応。日本政策金融公庫の新創業融資。未来を創る起業戦略と創業計画書の書き方。

融資の再挑戦対策コーチング

スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:ベンチャーキャピタルのメリット・デメリット

ベンチャーキャピタルからスタートアップ起業家が資金調津するためには

スタートアップ起業家が必要とする資金調達を行う方法は色々とありますが、よりアグレッシブに多くの資金を得ようと考えるならベンチャーキャピタルを利用するというのも一つの選択肢です。資金を集めるファンドが投資の一環として企業などに出資してくれるのですが、より効果的に融資してもらうなら事業計画だけでなくイグジットプランもしっかり明示しておくことが大切です。これによってファンドに対して出資の見返りがどれくらい期待できるのかを知らせることができ、融資を決定してもらいやすくなります。ベンチャーキャピタルを活用するのは複雑でリスクもありますが、その分投資してもらえた場合の資金調達効果は非常に高くなるので、十分に準備しておくことが大切です。

ベンチャーキャピタルからスタートアップ起業家が出資を受けるために必要な条件1

ベンチャーキャピタルを利用して起業家が資金調達を行う場合、いくつかの条件を抑えておく必要があります。まず重要なのは、経営陣が優秀だと示せることです。ベンチャーキャピタルは投資ファンドであるため、より確実に利益を得られるかどうかを経営陣のクオリティで判断しています。現在の事業においてどのくらい経験や知識を持っているのか、出資するリスクは低いかなどを見極められるため、事業計画などでしっかり将来的なビジョンも明示しておくことが大切です。計画性だけでなく、行動力や優秀なデータ分析ができるサポートメンバーが揃っているかもチェックされます。また、取り扱う商品やサービスなどに競合他社と比較して優位性を保持しているかも重要な判断ポイントとなります。

ベンチャーキャピタルからスタートアップ起業家が出資を受けるために必要な条件2

ベンチャーキャピタルから出資を受けるためには、他にも重要な条件があります。取り扱う商品やサービスが消費者に選ばれ、利益を生み出すための市場が充実していることも重視されます。現在の状況はもちろん将来的な成長性なども見られているため、ある程度のマーケット規模や将来性が見込めるか否かも確認しておきましょう。現在どんなに多くの利益を上げているベンチャー企業だったとしても、ニーズや規模が縮小傾向にある業界や商品などでは出資が見送られることもあるので注意しておきましょう。また。イグジットのために株式の公開予定があるかどうかも重視されます。ベンチャーキャピタルは、基本的に株式公開後のイグジットを得ることを目的としているため、起業家が資金調達するためには将来的に株式公開を予定していることが必須と言えます。

ベンチャーキャピタルからスタートアップ起業家が出資を受けるために大切な事業計画書のポイント

ベンチャーキャピタルに出資してもらうには、事業計画書を充実させることも欠かせません。計画書の出来がどんなに良くても、現状との乖離が大きければ意味がなく、融資してもらえる可能性は非常に低くなります。このため、事業に関する全ての要素が漏れなく記載されているか、売り上げ計画には仮説や期待値だけでなく根拠となる検証もきちんと明記しているかを確認しておきましょう。売り上げに関しては特に現実との乖離が大きくなってしまうので、マーケットや競合他社の分析、販売戦略や財務計画などもしっかり検証するようにしましょう。資金調達するためには起業家がいかにデータを分析し、ベンチャーキャピタルに効果的にプレゼンできるかにかかっているので、事業計画書は入念に作り込みましょう。

ベンチャーキャピタルからスタートアップ起業家が出資を受けるためのまとめ

このように、スタートアップ起業家がベンチャーキャピタルから出資してもらうには様々なポイントがあります。基本的にベンチャーキャピタルは投資目的で企業に対して融資を行うため、単に事業計画書などで良い内容を示せば良いと言う訳でもありません。商品やサービスはマーケットに必要とされているかといったデータ分析もしっかり行い、さらに経営陣も信頼できるメンバーだということをアピールすることが大切です。マーケットが成長し続ける将来性の高さも重視されるため、総合的な面から出資の有用性をプレゼンするようにしましょう。事業目的の資金調達方法は様々ありますが、このように投資ファンドから融資してもらえれば大きな資金を得ることもできます。

融資面談対策コーチング

経済産業省後援|日本最大級の起業家・経営者支援プラットフォーム【DREAMGATE(ドリームゲート)】認定アドバイザー

融資の再挑戦対策コーチング

今すぐ無料診断

こちらも参考に

こちらも参考に

融資・資金調達の悩みを解決します

ファイナンスアイでは、これまで8,000社以上の個人事業主、株式会社、合同会社などの様々な事業形態に併せて、日本政策金融公庫・信用保証協会付け融資・信用金庫・銀行融資などの相談に応じています。既に起業されている方もこれから起業される方も、皆様が創業融資などの資金調達を成功させられるように成功報酬でトータルサポートしています。企業再生を数多く手掛けてきたので、創業融資だけではなく、既に経営されている皆様の資金調達のお悩みにも対応できます。お気軽にご相談ください。

創業融資・資金調達のご相談はコチラ
既に経営されている方の融資のご相談はコチラ
建設業の方の融資のご相談はコチラ

記事・コンテンツの監修者

起業創業開業の資金調達コンサルタント

株式会社ファイナンスアイ 代表取締役
田中 琢朗(たなか たくろう)

これまで8,000社以上の経営者の資金調達の相談に応じ、現在も新規で毎月100社以上の起業家・経営者・個人事業主の悩み相談に対応しています。大手金融機関にて、上場企業・中小・ベンチャーまで様々な企業のファイナンス支援を実施。その後、金融企業の起業に参画。財務の専門家として上場企業の経営企画部も兼務し、ハードなM&A等のプロジェクトを歴任。事業計画の策定やネゴシエーションに強みがあり、様々な企業再生のプロジェクトに財務コンサルタントとして関わり、多くの企業再生を成功させる。起業家、経営者の多くがファイナンス分野で苦労している現場を目の当たりにし、これが企業の成長と継続のボトルネックの一つになっていると感じ、自身の知識・経験・ノウハウを活かして、日本の経済成長に貢献できるのではと考え、2014年に株式会社ファイナンスアイを創業。以来、日本全国の多くの起業家の創業融資、個人事業主や中小企業の経営者らの資金調達や融資等を活用した経営改善を実現している。ハンズオンで起業を支援した中には、創業から数年で年商5億円を突破する経営者も続出しており、日々起業家・経営者・個人事業主のために邁進しています。

詳しくはコチラ

 

-資金調達|ベンチャーキャピタル・ファンドからの融資・出資, 起業時の資金調達
-, , ,