資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:自治体による制度融資のメリット・デメリット

起業のための資金調達方法:自治体による制度融資のメリット・デメリット
LINEで送る
Pocket


資金調達・資金繰り・起業の無料相談

<起業支援サポート>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。
<女性起業支援サポート>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:自治体による制度融資のメリット・デメリット

スタートアップベンチャー起業家のための制度融資とは

これから新しいビジネスを起こしたい起業家にとって最大の障害となるのが資金調達ではないでしょうか。
そんなときに検討してほしいのが、地方自治体による制度融資です。
ベンチャー企業による経済活性化が期待されている地方自治体の中には、独自の支援制度を設けており、銀行などの金融機関に比較して有利な条件で融資してくれます。
制度融資の条件は最大1000万円~2500万まで、新たに1ヵ月以内に個人または2ヵ月以内に会社を設立する具体的な計画がある、創業後5年以内の法人・個人が対象です。
融資期間は、運転資金が7年以内、背物資金が10年以内、貸付金利は1.7%~2.1%、法人の場合は代表者が連帯保証人、個人は事業主は連帯保証人不要です。
スタートアップベンチャー企業家にとって、このような自治体の制度による資金調達は、心強い味方となるはずです。

スタートアップベンチャー起業家のための制度融資の仕組み

自治体による制度融資の仕組みはどうなっているのでしょうか。
まずスタートアップベンチャー起業家が、最寄りの自治体の窓口を訪れ、融資の斡旋を申し込みます。自治体の窓口担当者は、融資の申し込み書類の各記入事項や創業計画書の内容をチェックしてくれます。
次に信用保証協会に保証の申込みをします。この信用保証協会は担保を持たない起業家に代わって保証人になってくれます。
信用保証協会は、申請書類や創業計画書などをチェックして問題ないと判断すれば、信用保証書を発行してくれます。この審査の際には面談も行います。
あとは紹介してもらった金融機関を訪れ、融資を依頼するだけです。金融機関でも書類チェックや経営者面談を行った後、融資が実行されます。
制度融資による資金調達では、自治体の紹介と保証人になってもらう信用保証協会、実際に融資する金融機関の3者が綿密に関係する仕組みになっています。

スタートアップベンチャー起業家のための制度融資のメリット

制度融資は、スタートアップベンチャー起業家にどのようなメリットをもたらすのでしょうか。
まず金利が安くなっています。
日本政策金融公庫の新創業融資制度の金利は5年以内で2.6%、15年以内で3.1%です。
制度融資の責任共有利率だと3年以内で1.7%以内、3年超5年未満で1.9%以内、5年超7年以内で2.1%以内、7年超でも2.3%とお得になります。
また借入金の全てを保証協会が保証する全部保証利率では3年以内で1.5%以内、3年超5年未満で1.7%以内、5年超7年以内で1.9%以内、7年超で2.1%以内と、いずれも金利面で有利です。
また元本を返済しなくて良い据置期間も1年となっており、日本政策金融公庫の6ヶ月に比較すると有利な資金調達と言えるでしょう。

スタートアップベンチャー起業家のための制度融資のデメリット

金利が安く、据置期間が長いメリットの一方で、スタートアップベンチャー起業家にとってのデメリットもあります。
最大のデメリットが融資限度額が少ないことでしょう。
日本政策金融公庫の新創業融資は最大3000万円に対して、制度融資は新たな事業計画をしている場合で最大1000万円、創業5年後の法人・個人に対しては最大2500万円と資金調達額が少なくなっています。
審査期間が長いのもデメリットです。
日本政策金融公庫の審査期間は平均で3週間程度となっており、1ヵ月以内に資金調達できます。
しかし制度融資では信用保証協会に保証人になってもらうための審査期間が2ヵ月かかります。また長くなると2ヶ月半かかるため、機動性という点においては難があります。

スタートアップベンチャー起業家のための制度融資のまとめ

制度融資は、最寄りの自治体と保証協会と銀行などの金融機関がタイアップしたスタートアップベンチャー起業家向けの資金調達システムで、新たな創業を目指す個人、創業から5年ほどの個人や法人に利用されています。
最大のメリットは金利の安さにあります。他の金融機関に比較して金利が低いため、月々の返済負担が減らせます。また元本返済のための据置期間も1年と長くなっており、この点においても有利と言えるでしょう。
しかし、融資限度額が低く、審査期間が2ヵ月~2ヶ月半かかるというデメリットもあるため、利用する際には綿密な準備が求められるでしょう。
スタートアップベンチャー起業家にむけた制度融資を検討するなら、仕組みやメリット・デメリットを理解しておきましょう。

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談

<起業支援サポート>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。
<女性起業支援サポート>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 創業融資・借入で創業した起業家の業績が伸びる理由

  2. 資金調達成功事例1

    資金調達成功事例|未経験の女性起業支援。日本政策金融公庫-創業融資の女性特例を活用

  3. 日本政策金融公庫

    資金調達を日本政策金融公庫の新創業融資制度で行うメリット・デメリット

  4. 資金調達成功事例1

    資金調達成功事例|一度閉店した飲食店が日本政策金融公庫の融資で再起

  5. 商工会議所の融資

    マル経融資・商工会議所による資金調達

  6. 融資面談面接

    融資の面接・面談で聞かれる12の質問に答えて資金調達する

  7. 起業時の創業融資(日本政策金融公庫・信用保証協会)面談NGワード

  8. 資金調達成功事例1

    資金調達成功事例-伝統工芸産業での起業。新ビジネスモデルで資金調達を成功

  9. 女性起業

    女性ベンチャー起業が資金調達する方法。国も推進する今がチャンス

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 起業のための資金調達方法:銀行・民間金融機関のメリット・デメリット スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:銀行・民間金融機関のメリット・…
  2. 女性起業家向けの新創業融資制度(女性の小口創業特例)と「女性、若者/シニア起業家…
  3. 資金調達ニュース 資金調達ニュースまとめ2016年11月30日
  4. 資金調達ニュース 資金調達方法のニュースナビ.ベンチャー/個人/中小企業|2016/12/16
  5. 資金調達コンサルティング選ばれる理由 行政・自治体・地方公共団体の制度融資による資金調達は1%未満の低金利!

PAGE TOP