資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

女性起業の創業融資や資金調達を成功報酬で支援<日本政策金融公庫・信用保証協会対応>

LINEで送る
Pocket

女性起業支援

ファイナンスアイは様々な女性起業を成功させています

<女性起業~美容エステ・ネイルサロンの開業>

未経験でもエステサロン開業

育児と両立!シングルマザーの起業

事業拡大のネイルサロン

趣味を活かしたショップ開業

流行のハンドメイドで起業

オシャレなファッション業界で起業

女性起業の資金調達事例

<女性起業支援~未経験ながらもエステサロン開業。日本政策金融公庫で創業融資の女性特例で満額融資に成功> <女性起業支援~シングルマザーならではの視点のネイルサロン開業。自己資金不足ながらも日本政策金融公庫で満額融資に成功>

未経験でも無担保・無保証
女性起業だけの日本政策金融公庫の支援制度


新創業融資制度(女性の小口創業特例)
日本政策金融公庫の融資制度で一番多くの方に利用頂いております。無担保・無保証で最大7,200万円まで融資が可能です。しかし、実際にはかなりの難関です。そこで、更に融資を受けやすく諸条件を緩和した新たな融資制度として『女性の小口創業特例』があります。こちらは、起業する業種が未経験であっても融資を受ける事が可能です。小規模サロンなどの開業に適しており創業時の調達として活用をおすすめします。

女性、若者/シニア起業家支援資金
日本政策金融公庫の融資制度で無担保・無保証で最大7,200万円まで融資が可能です。自己資金が融資額の1/10は最低要求されるため、実際には数百万円程度の資金調達に用いられるケースが多いです。もちろん、中には1,000万円以上を調達したケースもあります。
<女性起業家の資金調達~新創業融資制度『女性の小口創業特例』> <女性起業家の資金調達~融資や支援制度のまとめ>

<日本政策金融公庫・信用保証協会>起業時の創業融資
経済産業省認定コンサルタントが起業支援
成功率98%!成功報酬で資金調達を支援

調達実績12億円以上 成功率98%以上

8,000社以上の経営者との相談実績
経済産業省中小企業庁認定の専門家が起業を支援

多くのメディアに掲載頂きました

起業当初はVC・エンジェル投資家等の出資を受けるべきではない
創業時は日本政策金融公庫や信用保証協会などの創業融資が最適な理由

経営を軌道に乗せ成長させていくためには、自己資金だけではなく、起業時にレバレッジの効く最適な金額を資金調達する考え方が必要です。最近は起業当初からVC・エンジェル投資家などからの出資(エクイティファイナンス)を検討される方もいます。事業内容にもよりますが、基本的にはオススメしません。第三者からの出資を受ける事は、上場またはM&Aなどのイグジットが求められます。創業時の実績も出ていない段階では、最適な資本政策も組めません。仮に第三者から創業時に数十%もシェアを取られてしまえば、経営がままなりません。まずは、経営者の責任感と覚悟を示すためにも、日本政策金融公庫や信用保証協会などの創業融資(デットファイナンス)で資金調達を行い、きちんと信頼と実績を積み上げながら経営を軌道に乗せましょう。その経営実績をベースに成長戦略を描いて資本政策を設計すれば、第三者からの出資時にも強気の交渉が可能になります。
※ファイナンスアイでは、起業時の創業融資から上場を目指した出資・上場準備などステージに併せた最適なサポートをしております。

創業融資を利用した起業が成功する理由 起業時に創業融資を受けるメリット

本当にある『不都合な真実』
「税理士」等の士業が必ず財務や融資に強いワケではない

一般的に「税理士・行政書士・中小企業診断士・社労士・司法書士」などの肩書きを持たれていると、信頼をしてしまいます。中には「融資に強い」と宣伝しておきながら、実際には皆様が考えている以上に「融資の素人」は多く存在しています。ファイナンスアイに来られる経営者の多くも、それらの融資コンサルタントや士業に依頼したが失敗して来られる方が後を絶ちません。「融資に強い」とWEB等で広告展開をしている有名な士業事務所で依頼するも、失敗して来られるケースが増えています。仮に資金調達が成功しても一時的な場合もあります。起業後の税務顧問料を狙って会社設立等の手数料を格安にしていたり、悪質なケースでは、本来なら日本政策金融公庫の新創業融資制度で足りる場合でも、税務顧問契約を狙って敢えて中小企業経営力強化資金の枠を創業時に使わせる士業事務所もあります。

<資金調達を考える前に必読~起業時の経営者を狙うワナ>

大手銀行出身・上場企業で財務/M&A/企業再生を歴任
経験豊富なファイナンスの専門家が起業を支援

起業創業開業の資金調達コンサルタント

自らビジネスを立ち上げ『起業』される皆様に知って頂きたい事があります。
ビジネスの仕組みとは「モノ」や「サービス」を「資金」という血液により循環させることで大きくなるということです。ビジネスの種類は多々数多くありますが、ビジネスの仕組みが変わることはありません。今、日本は起業家を育成しようとしており、手厚い創業融資の仕組みがあります。この制度を最大限活用し、ビジネスの血液というべき「資金」を増やすことが皆様のビジネスを大きくさせる早道になります。株式会社ファイナンスアイは、財務のプロフェッショナルとして起業の第一歩目となる創業融資を支援することで皆様が大きく事業を飛躍させるお手伝いをさせて頂きたいと考えております。

<株式会社ファイナンスアイ/代表取締役 田中琢郎 プロフィール>

起業時の創業融資サポートメニュー


【成功報酬の資金調達】日本政策金融公庫の創業融資支援
一番選ばれています!成功報酬で資金調達を支援。御社の起業に必要な事業資金を、日本政策金融公庫の『新創業融資制度』や『中小企業経営力強化資金』等を活用して資金調達します。不安な面談対策もしっかりサポートします。融資枠に制限はありますが、無担保無保証が嬉しい制度です。最大融資額は7,200万円
<起業の資金調達~日本政策金融公庫のメリット・デメリット>
<起業の資金調達~日本政策金融公庫の新創業融資制度メリット・デメリット>
<起業の資金調達~日本政策金融公庫の中小企業経営力強化資金メリット・デメリット>

【成功報酬の資金調達】銀行/信用保証協会等の創業融資支援
日本政策金融公庫と併用される事が多い。成功報酬で資金調達を支援。御社の起業に必要な事業資金を、自治体が提供する信用保証協会の制度融資などを活用して資金調達します。不安な面談対策もしっかりサポートします。低金利が何よりの魅力です。
<起業の資金調達~信用保証協会のメリット/デメリット>
<起業の資金調達~信用保証協会(制度融資)のメリット/デメリット1>
<起業の資金調達~信用保証協会(制度融資)のメリット/デメリット2>

事業計画・創業融資計画の作成サポート
日本政策金融公庫や信用保証協会・銀行などの金融機関から創業融資で資金調達をするために最も重要なのは『事業計画書』です。「絵に描いた餅」ではなく、金融機関の担当者から見て、実現性を感じさせる『事業計画書』を書けない経営者が融資を申請しても、融資承認を得る事ができません。経営者が自分で申請した場合に希望通りの資金調達が行えているケースは~30%程度です。
<資金調達の目的に応じた事業計画書の作成方法>
<保存版~資金調達を実現する事業計画書>
<保存版~銀行が見る事業計画書のポイント>
<起業の資金調達~創業融資で知っておくべき4つの審査基準>

金融機関との融資面談対策もサポート
審査では貴方の『人格』も見られています

ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家から資金調達をする時と同様に、日本政策金融公庫や信用保証協会などの融資で資金調達をする際にも、「面談(プレゼン)」があります。融資申請資料や事業計画書・創業計画書などの資料が完璧に仕上がったとしても、「面談(プレゼン)」がうまくいかなければ融資は否認されます。
そして、融資の「面談(プレゼン)」では、事業計画書の内容を100%理解して相手に伝えればOKという安易な話ではありません。融資の「面談(プレゼン)」では、アナタの人間性など「人物」も審査対象として見られています。
<起業時の資金調達~創業融資面談NGワード>
<起業時の資金調達~創業融資面談3つの注意点>
<起業時の資金調達~創業融資面談で聞かれる12の質問>

ファイナンスアイの様々な業種の起業支援。創業開業の融資・資金調達の実績例

【飲食店の開業】
飲食店開業を成功させる創業融資の方法-保存版
起業時の融資・資金調達~飲食業
起業時の融資・資金調達~ラーメン店
【飲食店の開業<夜のお店>】
起業時の融資・資金調達~スナック・パブ
起業時の融資・資金調達~バー
起業時の融資・資金調達~キャバクラ(準備中)
【飲食店の開業<創業融資・資金調達事例>】
焼肉店~信用金庫の評価をくつがえし日本政策金融公庫で満額融資に成功
惣菜店~自己資金が少なくても日本政策金融公庫-中小企業経営力強化資金の満額融資に成功
飲食店~信用情報ブラックでも出店資金の満額融資に成功
飲食店~日本政策金融公庫否認も信用保証協会創業融資で満額融資に成功
飲食店~商工会議所がNGを出したが、日本政策金融公庫の満額融資に成功
【ヘアサロン・エステ・ネイルサロンの開業】
起業時の融資・資金調達~美容エステ・ネイルサロン
<創業融資・資金調達事例>
ヘアサロン~リスケ中も開業費用を10日で満額融資
【土木/建設/工務店の開業】
起業時の融資・資金調達~建設・工務店
起業時の融資・資金調達~内装リフォーム工務店
中小規模の建設業・工務店等の資金調達方法
<創業融資・資金調達事例>
建設工事請負~個人事業主から法人化。大口案件獲得の運転資金を日本政策金融公庫で融資に成功
建築土木~異業種(ラーメン店開業)に進出。日本政策金融公庫の中小企業経営力強化資金で融資に成功
【WEB制作/コンサルティングの起業】
起業時の融資・資金調達~コンサルタント
<創業融資・資金調達事例>
WEBコンサル~創業2期目で事業転換も信用保証協会で満額融資に成功
WEB制作~社長個人の借入過多も創業融資で満額融資に成功
WEB制作コンサル~創業1期目で業態変更。日本政策金融公庫と信用保証協会で満額融資に成功

【ネット通販/ECの起業】
起業時の融資・資金調達~通販/EC
<創業融資・資金調達事例>
ECコンサル~自社EC立上資金を日本政策金融公庫で満額融資に成功
【映像/アニメ制作スタジオの起業】
<創業融資・資金調達事例>
映像アニメ制作~スタジオ設立資金を日本政策金融公庫の新創業融資で満額融資に成功
【情報通信業の起業】
<創業融資・資金調達事例>
情報通信業~ビジネスモデルを確立させ大型融資に成功

【生鮮卸/商社の起業】
<創業融資・資金調達事例>
生鮮卸~自己資金不足も日本政策金融公庫にて充分な融資に成功

【伝統工芸産業の起業】
<創業融資・資金調達事例>
伝統工芸~新ビジネスモデルに挑戦。希望の満額融資に成功

【事業承継の起業】
<創業融資・資金調達事例>
事業承継~勤務先事業を承継し起業。財務デューデリにより満額融資に成功

ファイナンスアイでは女性起業開業時の創業融資・資金調達支援も充実

女性起業の開業・創業融資・資金調達支援
【女性起業の開業】
女性起業家向けの新創業融資制度(女性の小口創業特例)と「女性、若者/シニア起業家支援資金」のまとめ
女性起業家向けの融資・資金調達方法と支援制度のまとめ
女性起業家向け支援制度のまとめ~大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山
<女性起業の創業融資・資金調達事例>
女性起業支援~未経験ながらもエステサロン開業。日本政策金融公庫で創業融資の女性特例で満額融資に成功
女性起業支援~シングルマザーならではの視点のネイルサロン開業。自己資金不足ながらも日本政策金融公庫で満額融資に成功

ファイナンスアイに創業融資の資金調達を相談するメリット

起業・創業含め売上の規模や業種を問わずに対応しています
サービス開始以来、経済産業省中小企業庁認定機関提携の「ファイナンスアイ」は、起業創業時のスタートアップベンチャーから、年商1000万円未満の企業・個人事業主、年商100億円超の企業様など、幅広い企業様の相談に応じてきた経験と実績が御座います。
資金調達コンサルティングは成功率98%以上を達成しています
ファイナンスアイの「資金調達コンサルティング」は、弊社依頼後に資金調達を成功した企業様が98%を超えています。起業創業開業のスタートアップベンチャーだけではなく、厳しい事情を抱えた中小企業・ベンチャー企業様も含めてこの高い成功率を出しております。お客様のご事情に真摯に向き合い、最適な資金調達スキームをプランニングするノウハウが弊社には御座います。
他社に断られた経営者の資金調達・資金繰りにも対応しています
ファイナンスアイには、他社に断られた方からの相談も多く頂きます。およそ資金調達ができないのでは?と思われるような、厳しい事情の企業様の相談に応じ、資金調達を成功させてきました。資金調達が必要な企業様であれば、どのようなお客様であっても諦める前に、まずはご相談下さい。

起業時に助かる!銀行法人口座開設を支援

ファイナンスアイにて、起業時の創業融資などの資金調達をサポートさせて頂いた企業様には、ご要望を頂ければ銀行担当者をご紹介致します。最近は、法人口座を開設するのも日々厳しくなってきておりますので、ご検討下さい。
※口座開設には審査がありますので、必ず開設できるわけではございません。

起業時の会社設立・法人化も無料で診断サポート

新創業融資などの資金調達を考えると、法人化を推奨します。ファイナンスアイでは会社設立についても1から支援しております。法人化にはメリットもあればデメリットもあります。アナタの事業にふさわしいのは、どちらかを無料で診断します。

保存版~起業のための会社設立ガイド 会社設立のメリット/デメリット・個人事業主との違い
合同会社のメリット/デメリット 保存版~会社設立手続きの流れ
会社設立準備~実践編1 会社設立準備~実践編2/定款作成
会社設立準備~実践編3/登記書類作成 会社設立準備~各種手続き届出

起業時の会社設立サポートメニュー

【株式会社設立サポート】約20万円で設立可!手数料実質無料0円で対応も可!
信頼性の高い会社を作りたい方や上場など将来を見据えた方にはオススメ。
【合同会社設立サポート】約6万円で設立可!手数料実質無料0円で対応も可!
会社法の改正に伴い、コストを抑えて設立できる新しい会社形態として合同会社が登場しました。出資者の責任が出資額の範囲内で済む有限責任でありながら、意思決定方法や利益の配分が出資比率に関係なく、自由に決められます。

起業時に必要な様々なサービスのご紹介も可能

その他、下記のようなサービスも様々な企業と提携をしております。ご要望があればご紹介させて頂きますので、選択肢の一つとしてご検討下さい。

事務所・店舗物件 インターネット回線 電話回線
ビジネスフォン 携帯電話 コピー機
パソコン/OA機器 生命保険、損害保険 弁護士(各種法律相談)
社労士 広告・WEB その他

 

無料相談!資金調達や創業融資の可否も無料診断

融資を受けやすいと思われる日本政策金融公庫でも融資承認率は通常~30%程度
ファイナンスアイの資金調達成功率98%超

創業融資にベストな時期やタイミングはあるの?
創業前の起業(法人化の有無)準備~創業後3カ月以内のタイミングがベストです。創業から時間が経過すれば、事業内容や経営者の能力が評価されます。もし想定を下回り、資金不足になってから融資を受けようと思っても金融機関の目は冷たいです。
※ファイナンスアイは、タイミングを外し、厳しい状況の経営者にも資金調達を成功させています。
所定のフォーマットに記入すれば審査は通る?
通常、それだけでは希望通りの資金調達は行えません。必ず、事業の実現可能性を裏付ける事業計画書などの補足資料を添付して面談・プレゼンを行います。
※ファイナンスアイは、事業計画の作成や面談対策もサポートしています。
自分で過去に申請して否認されているけど。
再度申請する事は可能です。しかし、またご自分で申請される事はお勧めしません。否認されるには、必ず理由があります。財務の専門家と事業分析を客観的に行い、融資の可能性を高めましょう。
※ファイナンスアイは、一度否認された経営者の資金調達も成功させています。
【創業融資・資金調達・ビジネスモデル/無料診断】
創業融資で資金調達を考えておられる経営者の中には、「融資の条件を満たしているか?」「自己資金が足りないのでは?」「自分の経歴や実績では融資は無理では?」「このビジネスモデルに必要な資金はいくらなのか?」等、様々な悩みを持たれている方がおられます。
ファイナンスアイでは、御社が起業時に創業融資「いくら融資を受けれるか?」「そもそも創業融資を受けれるのか?」などを無料で診断します。
さらに、起業されるビジネスモデルについても財務視点から、「構造的な問題は無いか?」「軌道に乗るまでに想定される必要資金はいくらか?」なども無料で診断します。

無料相談・お問合せ【24時間土日祝対応】

お電話で問合せ
06-6948-5149

無料面談は土日祝も可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。

フォームで問合せ

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP