企業再生コンサル 経営改善の実績事例

経営改善/企業再生事例|不適切会計で複数の金融機関から信頼を失った企業の経営再建

投稿日:

経営革新等支援機関-経営改善/企業再生事例~不適切会計で複数の銀行金融機関から信頼を失った企業を経営改善支援により再建を成功へ

経営改善計画/企業再生ご相談の経緯

クライアントは、IT系のシステム開発会社であるが、営業部門の役員が自身の報酬を上げるために過去数年間にわたって架空売上を計上していた。この事が、新規融資申し込み時に発覚し、その後の銀行・金融機関への対応の悪さも重なって、一括弁済を要求されるに至り、ファイナンスアイに経営改善支援の要請があった。

経営改善計画/企業再生の対応

ファイナンスアイではまず、架空売上の計上発覚から一括弁済を求められるまでの経緯をヒアリングした。
すると、営業担当役員が雲隠れした事もあり、経営者としては「知らない」の一点張りであった。さらに、銀行・金融機関が、このような架空売上を早く見抜いていたら、このような大事にならなかったと自身の経営者としての責任を転嫁するともとれる発言があった事が確認できた。

ファイナンスアイから『経営者の発言は不適切』であり、銀行・金融機関に対し謝罪しない限り本件が前に進むことはなく、一括請求を受け破産する事になると説明。
さらに、経営者のマネジメント能力の不足、知識不足がこのような事態を招いたものであり、経営者自身が被害者側にいる限り銀行・金融機関が支援してくれたとしても、遠からず同じ過ちを繰り返すものと説明し理解を求めた。

経営者も当初は混乱していたものの、徐々にファイナンスアイの言い分に理がある事を理解して頂き、銀行・金融機関への謝罪と金融支援のお願い不適切会計の再発防止策を織り込みした経営改善計画を策定する事で合意を得、各銀行・金融機関と調整を行った。

経営改善計画/企業再生の結果

銀行・金融機関側との交渉は、
1:財務デューデリジェンスを行い実態の経営状況を元に説明を行った事
2:再発防止策として公認会計士を会計顧問として加えた事
3:経営者としての謝罪をしっかり行った事
これらを評価頂き、全行一致での経営改善計画の同意が得られた。

経営革新等支援機関-経営改善計画/企業再生事例
資金調達方法の関連記事
起業に興味がある方は併せて読もう

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

-企業再生コンサル, 経営改善の実績事例
-, , , , ,

Copyright© ファイナンスアイは資金調達成功率98%以上 , 2019 All Rights Reserved.