資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

金融機関・銀行融資や借入の資金調達3つのポイント|大阪関西全国対応

銀行融資
LINEで送る
Pocket

資金調達のみならず、企業様が経営を続けられる限り、関係を築いていかなければいけない銀行。では、銀行からの資金調達である融資の審査はどこに重きを置き判断が行われるのでしょうか。世の中には赤字でも融資を受けて資金調達ができる会社がある一方、黒字でも融資を受けられない会社があります。

いったいどこに違いがあるのでしょうか。
疑問に思われると思います。

そこで、銀行融資を成功させる3つのポイントを解説致します。

資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

銀行融資を成功させる1 財務面

全ての金融機関は社内に「審査基準」を設けてあります。金融機関は今までの取引の内、倒産事故にあったケースを分析し、審査基準に組み込みしてあります。各金融機関は会社から提出された決算書を独自の企業調査資料に変換し、企業毎に格付を行い融資先の判断材料としています。

ここで審査における重要なポイントを3点だけを以下に挙げます。

ポイント1【経常利益】

銀行は支払利息まで含んだ利益を本業の利益として重要視しています。
最終利益が赤字であったとしても、一過性の特別損失であれば十分説明は可能です。

ポイント2【キャッシュフロー】

本業からのどの程度キャッシュを生み出しているかは財務分析における最重要の項目です。
最終利益が赤字でも本業のキャッシュフローが黒字であれば、十分説明は可能です。
尚、キャッシュフローが2期連続赤字となれば、銀行の反応は軒並み悪いものとなります。

ポイント3【借入比率】

「借入総額÷キャッシュフロー=7年以内」がごく一般的な借入の上限となる指標となります。但し、この借入の上限は業界毎にことなり、例えば投下資金の回収が長いホテル事業等の大型装置産業はもっと長期間となります。この借入上限の範囲内に借入総額を留めたいのが金融機関の本音です。

銀行融資を成功させる2 補完面

財務面で融資の認可に至らない場合は、担保での与信補完となります。

担保価値で融資金額のどこまでをカバーできるのかを判断することになります。
一般的な担保は代表者の個人保証、追加の保証人、不動産、売掛債権等になります。

銀行融資を成功させる3 事業計画

財務内容も悪い、担保もないもしくは差し入れ済の場合はどうするのでしょうか。
この場合、事業計画において具体的に会社の計画を説明する以外ありません。

現在赤字であればその理由や解消時期、解消方法を説明し、融資を受ける資金をどのように活用しどのようなリターンをもたらすのか等を具体的かつ客観的に説明していくのです。

会社の財務内容や担保に比べ、不確定要素のある将来の計画に信憑性が少ないのはやむを得ないことです。しかし、会社の実態を正確に把握し、精緻な事業計画を作成することで具体性のある事業計画を作成することができるのです。
赤字でも融資を受けれる会社はこの事業計画を会社が実現できると銀行が評価しているのです。

4:最後に

事業計画は財務内容が悪く、担保もない会社がやむなく作成するものではありません。
銀行が重視する経営者の資質の一つに将来ビジョンの描き方があります、見えない将来に向かって自身の会社をコントロールし続けることができるかということは、皆様が事業計画を策定し、その通りに実行することが銀行に対し、その資質を証明することに繋がるものとなるのです。

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 起業のための資金調達方法:自治体による制度融資のメリット・デメリット

    スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:自治体による制度融資のメリット・デメリット

  2. 起業のための資金調達方法:信用保証協会のメリット・デメリット

    スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:信用保証協会のメリット・デメリット

  3. 起業のための資金調達方法:銀行・民間金融機関のメリット・デメリット

    スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:銀行・民間金融機関のメリット・デメリット

  4. スタートアップベンチャー起業時の融資(デット・ファイナンス)のメリット

  5. 融資面談面接

    融資の面接・面談で聞かれる12の質問に答えて資金調達する

  6. ベンチャー起業時の創業融資・資金調達で絶対に知っておくべき4つの審査基準

  7. 資金調達の決算書

    日本公庫・保証協会・銀行が融資して資金調達させたくなる決算書を作るには

  8. スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:日本政策金融公庫のメリット・デメリット

  9. 起業時の創業融資(日本政策金融公庫・信用保証協会)面談NGワード

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 経営ハック-シリコンバレー流リーンスタートアップサイクル
  2. 営業ハック-継続力の鍛え方~デキる営業マンはやっている
  3. 営業ハック-出来る営業マンにになる方法
  4. 資金調達成功事例-EC参入で売上急増した個人スポーツ用品店への初銀行融資を成功
  5. 経営改善/企業再生事例|グループ会社2社同時の経営改善支援

PAGE TOP