資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:マル経融資のメリット・デメリット

起業のための資金調達方法:マル経融資のメリット・デメリット
LINEで送る
Pocket


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:マル経融資のメリット・デメリット

スタートアップベンチャー起業家のためのマル経融資とは 起業家にとって必要な資金調達をどのように行うかは頭の痛い問題ですが、特にスタートアップベンチャー起業において効果的な融資方法としてはマル経融資が挙げられます。マル経融資とは経営改善貸付とも呼ばれ、商工会議所や商工会などで斡旋してくれる経営者向けの融資制度となっています。担保や保証人が無くても利用できるのが最大の魅力で、事業の実績がない新人の起業家でも利用しやすいのが特徴です。利用するためには商工会議所などから経営指導を受けているなど一定の条件を満たす必要がありますが、他の公的な融資よりも金利が低いという大きなメリットがあります。多くの融資が必要だったり返済期間を長く取る場合などは金利の低さが重要となるので、非常に頼りになります。

スタートアップベンチャー起業家のためのマル経融資のメリット

マル経融資のメリットは、やはり何と言っても無担保や保証人なしで融資を受けることができる手軽さにあります。一般的な融資や民間の消費者金融のキャッシングなどでは、事業目的で融資を受ける場合には保証人や不動産担保を付けるケースが多いです。しかしスタートアップベンチャー起業家は十分な担保や保証人を準備できないことも多いので、この点を心配せず必要な資金調達が行えるマル経融資は大きな助けになってくれます。しかも気になる金利も非常に低く、公的な機関や民間企業の融資と比べてもかなりメリットが大きいと言えます。融資額も2000万円ほどまで可能なので、スタートアップベンチャーには十分な金額です。審査や準備に1ヶ月ほど時間がかかるので、余裕をもって申し込みましょう。

スタートアップベンチャー起業家のためのマル経融資のデメリット

様々なメリットのあるマル経融資ですが、利用にあたっては注意すべき点もあります。デメリットと言うほどではありませんが、利用条件として商工会などへの参加が前提となっているため、商工会関連で別途経費や手間がかかることになります。例えば、東京の商工会の場合は入会金として2,000円と、起業の資本金によって数万円の年会費を支払う必要があります。もちろん加入すれば経営上のアドバイスや個別相談を受けてもらえたり、経営者仲間ができるのでメリットもあります。スタートアップベンチャーの起業家にとっては資金調達以上に重要な情報や人脈を築くこともできるのですが、田舎など人間関係やイベントを重視する地域だと商工会の仕事や付き合いが面倒に感じてしまうこともあるので注意しておきましょう。

スタートアップベンチャー起業家のためのマル経融資の活用方法

スタートアップベンチャーの起業家がマル経融資を利用して資金調達するには、まず商工会に加入する必要があります。マル経融資は担保も保証人も不要なので、その分審査は厳しくなります。この審査はまず商工会などに所属する指導員が行うため、加入したらできるだけこの指導員と仲良くなっておきましょう。この審査に通過できれば、融資を受けられる可能性は非常に高くなります。融資をスムーズに受けるためには、商工会に加入してから6ヶ月以上経営指導を受けている人、当期利益などを元にした返済財源が黒字になっていることなどの条件があります。返済財源が赤字の場合は審査が通りにくくなるので、指導員に個別に連絡するなどして説明し、納得させると認めてもらえることもあります。

スタートアップベンチャー起業家のためのマル経融資のまとめ

このように、マル経融資はスタートアップベンチャーの起業家にとって非常に役立つ資金調達方法になっています。企業としての実績が低くても、商工会に加入して審査を通過することができれば無担保かつ保証人なしで融資を受けることができますし、金利も民間企業よりも低いというメリットだらけの方法だと言えます。ただ、利用するためには地域の商工会に加入して指導員などと関係を深め、信頼を得ておく必要があるので人間関係に煩わされることもあると知っておきましょう。もちろん、商工会に加入すると様々な経営に関するアドバイスや情報を貰えるので、起業家としては融資とは関係なく魅力的な存在とも言えるでしょう。メリットとデメリット双方を、しっかり理解したうえで選ぶことが大切です。

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 資金調達成功事例-卸会社の新規創業に対する創業支援の成功事例

  2. 中小企業経営力強化資金制度

    中小企業経営力強化資金融資|低金利・無担保無保証・自己資金要件無

  3. 資金調達コンサルティング選ばれる理由

    行政・自治体・地方公共団体の制度融資による資金調達は1%未満の低金利!

  4. 女性起業家向けの融資・資金調達方法と支援制度のまとめ

  5. 資金調達成功事例-取引先の事業を小規模承継融資で資金調達を行い譲受に成功

  6. 資金調達成功事例-育児後10年を経て理容師の創業融資を成功へ

  7. 融資面談面接

    ベンチャー創業時に1500万円資金調達する方法をプロがナビゲート

  8. 起業のための資金調達方法:銀行・民間金融機関のメリット・デメリット

    スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:銀行・民間金融機関のメリット・デメリット

  9. ベンチャー起業時の融資・資金調達|コンサルタント業の場合

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 資金調達・資金繰りのセミナー講師・講演 資金調達は融資だけではない。会社のキャッシュを増やす方法
  2. 返済条件変更リスケの更新 融資のリスケ(返済条件変更)を更新するための3つのポイント
  3. 起業のための会社設立ガイド~法人設立の基礎知識 起業のための会社設立ガイド~法人設立の基礎知識
  4. 追加融資 追加融資で資金調達!創業後1年未満、赤字でも追加融資を成功させる方法
  5. 資金調達成功事例-コンビニエンスストアの場所移転に伴う融資支援

PAGE TOP