保存版|資金調達で追加融資の際に銀行が見る事業計画書のポイントとは

資金調達-創業融資

保存版|資金調達で追加融資の際に銀行が見る事業計画書のポイントとは?

2016年10月23日

資金調達の追加融資と事業計画書の関係は?

新たに金融機関から融資をしてもらう方法を「追加融資」と言いますが、この追加融資と事業計画書には密接な関係があります
これは「事業計画書」には企業経営において重要なことが多く書かれているためです。

一例として、取引先名です。優良取引先が多くの売上割合を占めていれば金融機関は安心して貸し出しをすることができるのです。

「事業計画書」が書けない経営者が融資を申請しても、金融機関は、貸し出しをして良いものなのかという「定性的」な面を危惧します。
そのため、「追加融資」を受けるのであれば事業計画書が重要となっており、融資の前には事前に事業計画をきちんと作成しておくことが重要になります。

資金調達成功率98%以上の経済産業省認定機関ファイナンスアイでは事業計画書の作成もサポートしています。

個人も社長もM&A起業・買収で年収増・年商増を目指す成功戦略。自己資金だけのM&Aは失敗する可能性大。連帯保証ナシの日本政策金融公庫活用法

M&A買手が主導権を握る成功戦略。M&A・起業も公庫で連帯保証ナシ無担保で最大7200万円!

FAライト|M&A事業承継×融資×起業×銀行交渉に強いプロが伴走

事業計画書の中でも特に重要になる「資金繰り表」

事業の動機や取引先などが書かれている事業計画書において、銀行などの金融機関が特に重視するポイントが「資金繰り表」です。

資金調達ができる事業計画書・資金繰り表

「資金繰り表」は、その期間によって分類でき「年別」、「月別」、「日別」の3つの期間に分けられ、期間内での資金の損益を把握することができます。

「資金繰り表」が事業計画書の中でも重要になっている理由
「返済可能性」を判断することができる有力な材料になるためです。

例えば、事業の動機が素晴らしくても、実損益を見て損失過多であれば「返済の見込みがない」と判断せざるを得なくなります。
逆にあまり知られていない業界でも、安定的な収益が見込めれば優良企業と判断するかもしれません。

もちろん、資金繰り表が素晴らしくても、経営者の質などで融資を拒まれる可能性はあります。ですが、一般的には金融機関が事業計画書の中で特に重視するものは「資金繰り表」であり、この表と事業計画との整合性が高いと融資の可能性が高くなるのです。

実現性のある計画ほど、融資の可能性が高まる

追加融資の可能性を高めるのであれば、事業計画書の実現性を高める必要があります。この実現性とは、実際に事業が成功する可能性のことで、「絵に描いた餅」で終わらせない能力ともいえるものです。

例えば、現状の取引先を踏まえた売上予測と、架空の取引先を踏まえたものとでは、前者の方が実現可能性が高く融資の可能性が高まるのです。
そのため、より地に足のついた資金用途を計画書に記し、その事業計画に基づく返済計画を組み立てる必要があります。

そして、この返済計画を立てるときに「資金繰り表」が根拠となるので、銀行が重視するのです。
そのため、もし追加融資を望むのであれば「事業計画書」を作り、それに見合う「返済計画」と根拠となる「資金繰り表」を作る必要があるのです。

ファイナンスアイは、経済産業省中小企業庁認定機関であり、8,000社以上の資金調達相談・融資実行に携わってきた、信頼と実績ある会社です。様々な状況での追加融資の支援もしてきました。資金調達・追加融資を検討している経営者・個人事業主の方は、この機会にぜひご相談ください。

融資面談対策コーチング

経済産業省後援|日本最大級の起業家・経営者支援プラットフォーム【DREAMGATE(ドリームゲート)】認定アドバイザー

融資の再挑戦対策コーチング

今すぐ無料診断

こちらも参考に

こちらも参考に

融資・資金調達の悩みを解決します

ファイナンスアイでは、これまで8,000社以上の個人事業主、株式会社、合同会社などの様々な事業形態に併せて、日本政策金融公庫・信用保証協会付け融資・信用金庫・銀行融資などの相談に応じています。既に起業されている方もこれから起業される方も、皆様が創業融資などの資金調達を成功させられるように成功報酬でトータルサポートしています。企業再生を数多く手掛けてきたので、創業融資だけではなく、既に経営されている皆様の資金調達のお悩みにも対応できます。お気軽にご相談ください。

創業融資・資金調達のご相談はコチラ
既に経営されている方の融資のご相談はコチラ
建設業の方の融資のご相談はコチラ

記事・コンテンツの監修者

起業創業開業の資金調達コンサルタント

株式会社ファイナンスアイ 代表取締役
田中 琢朗(たなか たくろう)

これまで8,000社以上の経営者の資金調達の相談に応じ、現在も新規で毎月100社以上の起業家・経営者・個人事業主の悩み相談に対応しています。大手金融機関にて、上場企業・中小・ベンチャーまで様々な企業のファイナンス支援を実施。その後、金融企業の起業に参画。財務の専門家として上場企業の経営企画部も兼務し、ハードなM&A等のプロジェクトを歴任。事業計画の策定やネゴシエーションに強みがあり、様々な企業再生のプロジェクトに財務コンサルタントとして関わり、多くの企業再生を成功させる。起業家、経営者の多くがファイナンス分野で苦労している現場を目の当たりにし、これが企業の成長と継続のボトルネックの一つになっていると感じ、自身の知識・経験・ノウハウを活かして、日本の経済成長に貢献できるのではと考え、2014年に株式会社ファイナンスアイを創業。以来、日本全国の多くの起業家の創業融資、個人事業主や中小企業の経営者らの資金調達や融資等を活用した経営改善を実現している。ハンズオンで起業を支援した中には、創業から数年で年商5億円を突破する経営者も続出しており、日々起業家・経営者・個人事業主のために邁進しています。

詳しくはコチラ

 

-資金調達-創業融資
-, , , ,