融資の成功事例|複数の専門家が支援を拒絶。赤字でも満額融資に成功させ新規出店。

資金調達|成功事例

融資の成功事例|複数の専門家が支援を拒絶。赤字でも満額融資に成功させ新規出店。

2023年9月21日

ファイナンスアイで対応した日本政策金融公庫や信用保証協会付融資などの融資の成功事例を紹介します。実際に創業融資を受けて起業を成功させている起業家が、創業時にどのような状況であり、どのように対応して創業融資を成功させているのか、起業後もどのように融資を受けて、売上を増やし事業を成功させていっているのか、実例で知ってもらえればと思います。ぜひ皆さんも、このような実際に創業融資を成功させ、起業後も融資を受けて、事業を拡大させている起業家の事例に続いてもらえればと思います。

今回は、運送事業と飲食事業を手掛ける創業から3年目経過し、赤字経営になっている経営者の融資を支援した成功事例です。他のコンサルタントなどから支援を断られたようですが、ファイナンスアイでは満額融資を成功させました。

さて、他のコンサルタントも断るような赤字会社をファイナンスアイでは、なぜ満額融資を成功させる事ができたのでしょうか?これから起業しようとされている方、融資による資金調達を検討している中小企業の経営者や個人事業主の方は、ぜひ参考にしてみてください。

個人M&A・スモールM&A・事業承継や起業の後に失敗しないためのバリューアップ戦略

経済産業省後援|日本最大級の起業家・経営者支援プラットフォーム【DREAMGATE(ドリームゲート)】認定アドバイザー

個人もスモールM&A・事業承継で起業!失敗しない買手の戦略とは?実行編

相談内容~赤字経営でも新規出店の融資を成功させるには

ファイナンスアイに訪れた相談者は、運送事業と飲食事業を手掛ける創業から3年目の経営者です。

創業して3年目の法人で、事業内容が運送事業と飲食事業が混在している決算内容でした。自社内では、事業別の管理をおこなっており、飲食事業は赤字でしたが、追加にてもう1店舗を出店するための資金を調達したいとの希望を持っていました。

ファイナンスアイへ相談に来る前に、すでに複数の融資サポートの専門家に相談していましたが、いずれの専門家からも断られている状況で相談に訪れました。

ファイナンスアイ

複数の事業が混在しており、トータルの決算書としては赤字になっています。さて、他の融資コンサルタントたちがお手上げの相談でしたが、どのようにして満額融資を成功させたのでしょうか。

融資成功のための対応内容

まず、1店舗目が赤字であるのに2店舗を出店する理由や、経営者がそのように判断している根拠を整理しました。この段階で、経営者の考えていることが間違いではないとの確信を得ることができたため、私は本格的に資金調達のサポートを開始しました。

以下の内容をポイントに、経営者と十分なディスカッションをおこないながら、事業計画に落としこんでいきました。

ポイント

  • 飲食事業の赤字状況を回復させる根拠をより精度高く練りこむ
  • 2店舗目出店の理由について、1店舗と2店舗目間における人員移動など、相互にシナジー効果が生じるメニューや仕掛けを経営者と十分に検討

さらに、金融機関から想定される質問や指摘事項はすべて網羅し、回答を準備して、経営者に融資の面談対策をおこないました。

結果

上記の様に、入念な準備を整えて対応を進めたことから、特段大きな問題もなく満額融資を受けることができました。さらに、公庫などの金融機関からは、「十分なリスク検証と改善策が立案できており、非常に信ぴょう性のある計画であった」と評価を受けています。

この経営者は、満額融資を受けられた事で無事に新規出店を実現しました。

ファイナンスアイ

決算内容だけを見ると、他のコンサルタントが断る理由も分かります。しかし、ファイナンスアイでは、経営者とじっくりヒアリングをし、これまで培ってきた8,000社以上の相談実績から知見や経験をもとに、可能性をプランニングします。コンサルタントからすると大変な労力ではありますが、相談者の課題を何とか解決できないものかと毎日頑張っています。

まとめ

今回の記事で紹介させて頂いた通り、赤字でも融資を受ける事は可能です。

ほかの専門家が断るような相談も、ファイナンスアイに相談してもらえれば解決できる場合もあります。一見すれば不可能そうな事案も、起業家とじっくり話し合えば解決の糸口が見えてくるものです。

ファイナンスアイは、机上の空論で資料を作るだけのコンサルタントではありません。様々な実業で経営者と二人三脚で、その事業を大きく成長させてきた経験と実績のある実業ができる財務コンサルタントです。スポットの対応から、完全フルオーダーメードの対応まで経営者の相談内容にあわせて柔軟に対応しています。少しでも気になったり話してみたいなと思われたらお気軽にご連絡ください。

ファイナンスアイは、経済産業省中小企業庁認定M&A支援機関であり、8,000社以上の資金調達相談・融資実行に携わってきました。創業融資をはじめとした資金調達や、融資を検討している中小企業や個人事業主の方は、ぜひファイナンスアイにご相談ください。

経営者・個人事業主・起業家の融資確度を上げる【日本政策金融公庫・信用保証協会・銀行融資等に対応】説明5
ファイナンスアイ

ご自身で資金調達の対応をする前に、まずは融資支援のプロである私に一度ご相談ください。相談頂ければ、アナタの成功のために必要なプランを無料で提案します。話を聞いてから、アナタが決めてもらえれば大丈夫です。

ファイナンスアイ

ファイナンスアイではこれまで開業資金、運転資金など様々な資金の支援をしてきました。日本政策金融公庫・信用保証協会付け融資・信用金庫・銀行からの融資相談に8000社以上対応してきました。自分で融資をされるよりも融資額、成功率を飛躍的に高めます。融資に必要な事業計画、創業計画や審査担当者との面談対策などトータルでサポートします。ご興味があればお気軽にご相談ください。

個人M&A・スモールM&A・事業承継や起業の後に失敗しないためのバリューアップ戦略

経済産業省後援|日本最大級の起業家・経営者支援プラットフォーム【DREAMGATE(ドリームゲート)】認定アドバイザー

個人もスモールM&A・事業承継で起業!失敗しない買手の戦略とは?実行編

今すぐ無料診断

こちらも参考に

こちらも参考に

融資・資金調達の悩みを解決します

ファイナンスアイでは、これまで8,000社以上の個人事業主、株式会社、合同会社などの様々な事業形態に併せて、日本政策金融公庫・信用保証協会付け融資・信用金庫・銀行融資などの相談に応じています。既に起業されている方もこれから起業される方も、皆様が創業融資などの資金調達を成功させられるように成功報酬でトータルサポートしています。企業再生を数多く手掛けてきたので、創業融資だけではなく、既に経営されている皆様の資金調達のお悩みにも対応できます。お気軽にご相談ください。

創業融資・資金調達のご相談はコチラ
既に経営されている方の融資のご相談はコチラ
建設業の方の融資のご相談はコチラ

記事・コンテンツの監修者

起業創業開業の資金調達コンサルタント

株式会社ファイナンスアイ 代表取締役
田中 琢朗(たなか たくろう)

これまで8,000社以上の経営者の資金調達の相談に応じ、現在も新規で毎月100社以上の起業家・経営者・個人事業主の悩み相談に対応しています。大手金融機関にて、上場企業・中小・ベンチャーまで様々な企業のファイナンス支援を実施。その後、金融企業の起業に参画。財務の専門家として上場企業の経営企画部も兼務し、ハードなM&A等のプロジェクトを歴任。事業計画の策定やネゴシエーションに強みがあり、様々な企業再生のプロジェクトに財務コンサルタントとして関わり、多くの企業再生を成功させる。起業家、経営者の多くがファイナンス分野で苦労している現場を目の当たりにし、これが企業の成長と継続のボトルネックの一つになっていると感じ、自身の知識・経験・ノウハウを活かして、日本の経済成長に貢献できるのではと考え、2014年に株式会社ファイナンスアイを創業。以来、日本全国の多くの起業家の創業融資、個人事業主や中小企業の経営者らの資金調達や融資等を活用した経営改善を実現している。ハンズオンで起業を支援した中には、創業から数年で年商5億円を突破する経営者も続出しており、日々起業家・経営者・個人事業主のために邁進しています。

詳しくはコチラ

 

経営者・個人事業主・起業家の融資確度を上げる【日本政策金融公庫・信用保証協会・銀行融資等に対応】補足説明6

-資金調達|成功事例