信用保証協会の融資の成功事例。創業2年目の工務店が事業拡大。

資金調達|成功事例

創業2年の工務店が信用保証協会を活用し、融資成功の道を築く

創業わずか2年の工務店経営者が信用保証協会を駆使し、大手との提携を目指す中での資金調達の課題と成功の物語。

 

M&Aを積極支援。買手の最強の見方。

起業家・経営者の融資・資金調達の悩みを解決

相談内容~資金調達の壁

創業2年目の工務店経営者は、大手家電量販店との提携を目指し、リフォーム業界での存在感を増す野望を持っていた。経営者として、資金調達や融資の方法、特に信用保証協会を活用する方法に関心が高まっていた。起業家としての情熱と、経営者としての責任を背負い、急成長を遂げるための策を模索していた。

対応策~信用保証協会との連携

この新興工務店は、事業の規模を3倍に拡大させる大胆な計画を抱えていた。しかし、そのための資金繰りや追加融資の方法に頭を悩ませていた。ここで、信用保証協会の力を借りる方法が浮上。事業計画や財務計画を緻密に立て、協調融資のアドバイスも取り入れながら、信用保証協会を利用した資金調達の戦略を検討した。

結果:融資成功~そして次への一歩

原価管理、設備投資、人員の雇用、経営戦略など、事業を3倍に拡大させるための要素は多岐にわたる。信用保証協会との融資を実現し、更なる資金調達の道を模索。将来的には、信用保証協会を利用しない融資も視野に入れ、経営の安定とさらなる飛躍を目指している。

ファイナンスアイ
ファイナンスアイ

成功する経営者の条件

経営を拡大するためには、単なる売上の増加だけでは不十分。資金繰りや経営戦略が求められる。多くの起業家や個人事業主が直面するこの課題に対し、信用保証協会との連携が大きな鍵となる。8,000社以上の融資相談経験を持つ専門家として、創業融資や追加融資の成功例を元に、経営のポイントを解説しました。

まとめ

創業2年目の工務店が示した信用保証協会を活用した資金調達の成功事例。この経験は、多くの起業家や経営者にとって大きなヒントとなるだろう。資金繰りの難しさや経営のリスクを乗り越え、事業を成功へと導く方法を学ぶことができます。

ファイナンスアイは、経済産業省中小企業庁認定M&A支援機関であり、8,000社以上の資金調達相談・融資実行に携わってきました。創業融資をはじめとした資金調達や、融資を検討している中小企業や個人事業主の方は、ぜひファイナンスアイにご相談ください。

経営者・個人事業主・起業家の融資確度を上げる【日本政策金融公庫・信用保証協会・銀行融資等に対応】説明5
ファイナンスアイ
ファイナンスアイ

ご自身で資金調達の対応をする前に、まずは融資支援のプロである私に一度ご相談ください。相談頂ければ、アナタの成功のために必要なプランを無料で提案します。話を聞いてから、アナタが決めてもらえれば大丈夫です。

ファイナンスアイ
ファイナンスアイ

ファイナンスアイではこれまで開業資金、運転資金など様々な資金の支援をしてきました。日本政策金融公庫・信用保証協会付け融資・信用金庫・銀行からの融資相談に8000社以上対応してきました。自分で融資をされるよりも融資額、成功率を飛躍的に高めます。融資に必要な事業計画、創業計画や審査担当者との面談対策などトータルでサポートします。ご興味があればお気軽にご相談ください。

ファイナンスアイ式役に立つセミナー

M&A事業承継の売却・イグジット

社長の連帯保証解除救急レスキュー

ファイナンスアイの強み

  1. 10,000件以上のあらゆる状況の経営者を”自分の手”で支援した圧倒的な実戦経験
  2. コロナ禍でも倒産率0%を達成した企業再生・経営改善
  3. コロナ禍の創業でも年商億超えの起業家の育成

大切な事は全てお客様と一緒に戦った実戦経験で学びました。

記事・コンテンツの監修者

起業創業開業の資金調達コンサルタント

株式会社ファイナンスアイ(経済産業省M&A支援機関登録済)
代表取締役 田中 琢朗(たなか たくろう)

大手の金融機関・上場企業の財務部門責任者などを歴任し、2014年にファイナンスアイを創業。業界歴30年・創業10年のベテラン。中小企業・個人事業主・起業家と一緒に、現場で泥臭く汗をかいて靴をすり減らして財務を軸に経営者を支援し続け、のべ10,000人以上の圧倒的な実戦経験を持つ。ノウハウを「ファイナンスアイ式メソッド」として確立。中小にはびこる悪質なM&Aの被害をなくすために、M&A支援も本格化。売手・買手のいずれの立場からも真のM&Aを提供。現在も毎月150件以上の新規相談に対応し、毎週セミナーも開催中。日本経済のために今日も邁進しています。

経営者・個人事業主・起業家の融資確度を上げる【日本政策金融公庫・信用保証協会・銀行融資等に対応】補足説明6

-資金調達|成功事例