資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

中小企業経営力強化資金融資|低金利・無担保無保証・自己資金要件無

中小企業経営力強化資金制度
LINEで送る
Pocket

起業創業時のスタートアップベンチャーの資金調達方法にとって、メジャーな公的融資の一つは、日本政策金融公庫の新創業融資です。
無担保・無保証で融資を受けられる「新創業融資制度」であるが、それ以上にお勧めする融資制度が「中小企業経営力強化資金」という制度です。
融資には経営革新等支援機関の認定を受ける必要がありますが、それにより様々なメリットを享受できる制度です。
中小企業庁認定経営革新等支援機関提携のファイナンスアイだから中小企業経営力強化資金の資金調達が可能。

資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■中小企業経営力強化資金制度融資の概要

中小企業経営力強化資金制度による融資には3つのメリットがあります。

1:低金利
2:無担保・無保証枠が大きい
3:自己資金要件なし

起業創業のスタートアップベンチャーや中小企業の経営者が使用できる融資制度の中でも、格段に有利な条件の融資制度です。

■中小企業経営力強化資金制度のメリット1 1%未満もある低金利

中小企業経営力強化資金の融資は、金利が1.3%程度の破格の低金利であるということです。日本政策金融公庫の新創業融資制度は2.6%程度ですので、その半分程度の低金利です。
さらに、日本政策金融公庫の融資審査は、他の融資制度よりもスピード感があり、そのメリットはこの制度でも得られます。

※創業支援貸付利率特例制度が用意されており、新たに事業を始められる方及び事業を開始してから1年以内の方は、各制度融資利率から-0.2%で融資を受ける事ができます。(女性や30歳未満の方、Uターン等で地方で創業する方は-0.3%)

■中小企業経営力強化資金制度のメリット2  無担保・無保証人融資で最大2,000万円

日本政策金融公庫の新創業融資制度では、無担保・無保証の融資は制度上では上限3,000万円となっています。しかし、現実問題として3,000万円の融資を受けられる企業はあまりありません。日本政策金融公庫の融資審査の決済は、1,000万円以上の案件は本店決済となりハードルが上がるためです。そのため、1,000万円までに抑えた資金調達が審査通過のための、安全ゾーンと言われています。

しかし、この「中小企業経営力強化資金制度」の場合、無担保・無保証の支店決済枠が「2,000万円」までになっています。
つまり、新創業融資を利用するよりも、中小企業経営力強化資金の融資制度を利用した方が、より多くの融資を受けられる可能性があります。

表面上の融資限度額を整理すると、
新創業融資(3,000万円)>中小企業経営力強化資金(2,000万円)
ですが、日本政策金融公庫の支店決済・本店決済の事情を考えると実質的には
中小企業経営力強化資金(2,000万円)>新創業融資(1,000万円)
といえます。

中小企業経営力強化資金制度を利用するには、経営革新等支援機関の認定を受ける必要があります。
中小企業庁認定経営革新等支援機関提携のファイナンスアイだから中小企業経営力強化資金の資金調達が可能。

■中小企業経営力強化資金制度のメリット3 自己資金要件が無い

日本政策金融公庫の新創業融資制度では、自己資金割合が1/10以上という要件になっています。
その一方で、中小企業経営力強化資金では自己資金要件がありません。要するに、自己資金が無くても融資を受けられる可能性があります。

もちろん、自己資金は融資審査の際の最も重要なポイントです。制度上は「自己資金が無しでもOK」となっていても、少しでも多くの自己資金を用意した方が、審査通過には有利になります。

■中小企業経営力強化資金制度のメリット4 審査から融資実行が早い

通常の融資制度を利用した場合は2か月程度かかりますが、日本政策金融公庫の融資制度は、申請から融資実行まで約1カ月程度になります。

■中小企業経営力強化資金制度の注意点 認定支援機関(経営革新等支援機関)のサポートが必須

中小企業経営力強化資金の融資制度を受けるには、認定支援機関(経営革新等支援機関)のサポートを受けることが必須条件になっています。

ファイナンスアイも認定支援機関(経営革新等支援機関提携)として、希望者にサポートをしています。
中小企業庁認定経営革新等支援機関提携のファイナンスアイだから中小企業経営力強化資金の資金調達が可能。

■中小企業経営力強化資金制度|事業計画書作成が必要

中小企業経営力強化資金の融資制度を受けるには、日本政策金融公庫が指定する書式で事業計画書を提出する必要があります。
新創業融資制度で作成する創業計画書よりもかなり詳細な内容を要求しており、作成には時間がかかります。この事業計画書の作成が出来ずに、中小企業経営力強化資金の融資制度申請を断念する経営者もおられます。

ファイナンスアイでは認定支援機関(経営革新等支援機関提携)として、希望者には事業計画書の作成もサポートをしています。
中小企業庁認定経営革新等支援機関提携のファイナンスアイだから中小企業経営力強化資金の資金調達が可能。

■中小企業経営力強化資金制度|定期的な報告が必要

中小企業経営力強化資金の融資制度を受けた場合、毎年、日本政策金融公庫に事業計画進捗報告書を提出して経過報告をする必要があります。
ここでも認定支援機関(経営革新等支援機関提携)がモニタリングしてくれるので、報告書をサポートしてくれます。

■中小企業経営力強化資金制度|フランチャイズビジネスへの利用

中小企業経営力強化資金は、新規性・独自性のある事業を対象としています。そのため、フランチャイズチェーンに加盟する起業創業は対象とならないケースがあります。

■中小企業経営力強化資金制度のまとめ

起業創業時のスタートアップベンチャーが使用できる創業融資制度や、中小企業経営者が利用できる各融資制度の中でも、中小企業経営力強化資金は総合的に見て最も有利な資金調達手段といえます。しかしそのためには、認定機関(経営革新等支援機関)の支援を受ける必要があります。サポートを受けながら大いに制度を利用して下さい。

ファイナンスアイは認定支援機関(経営革新等支援機関提携)として、希望者にサポートをしています。
中小企業庁認定経営革新等支援機関提携のファイナンスアイだから中小企業経営力強化資金の資金調達が可能。

資金調達方法の関連記事

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 創業融資・借入で創業した起業家の業績が伸びる理由

  2. 資金調達コンサルティング選ばれる理由

    保存版|資金調達・融資の目的。銀行金融機関からの借入の意味を理解する。

  3. ベンチャー起業時の融資・資金調達|バーの場合

  4. 起業のファイナンス-スポンサーの資金提供で起業するリスク

  5. 経営ハック-消防士の規律と団結力に学ぶ組織マネジメント

  6. 資金調達成功事例1

    資金調達成功事例|自己資金が少ないベンチャーが融資で資金調達する方法

  7. 資金繰り資金ショート回避

    資金ショートの倒産を回避する緊急時の支払優先順位と資金繰り対策とは

  8. 経営ハック-成果を上げる『最速の仕組み』

  9. 資金調達方法を考える前に必読!ベンチャー・個人・中小企業を狙うワナ

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 日本政策金融公庫 資金調達を日本政策金融公庫の新創業融資制度で行うメリット・デメリット
  2. 資金調達成功事例-コンビニエンスストアの場所移転に伴う融資支援
  3. 起業・独立開業の融資と資金調達ガイド 起業・独立開業の融資と資金調達ガイド
  4. 資金調達成功事例-焼肉店開業~日本政策金融公庫の創業融資で満額融資
  5. 経営ハック-経営者の成果を支える食事による身体作り

PAGE TOP