資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

信用保証協会の制度融資で資金調達するメリット・デメリット

信用保証協会の制度融資
LINEで送る
Pocket

起業創業時のスタートアップベンチャーの資金調達方法として、最初にあげられる方法が公的融資による資金調達です。
日本政策金融公庫(国民生活金融公庫、日本公庫)の新創業融資制度と一緒に検討される事が多いのが、都道府県市町村区等の自治体が提供する信用保証協会を利用した「制度融資」です。信用保証協会の制度融資とは、金利の一部を自治体(信用保証協会)が利子補填する等、起業創業時のスタートアップベンチャーの経営者にとっては有利な資金調達方法として有名です。その信用保証協会の制度融資にはどのような特徴やメリット・デメリットがあるのか紹介していきます。

資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

信用保証協会の制度融資|制度融資による資金調達の方法

信用保証協会の制度融資の申請・審査・融資実行

信用保証協会の制度融資には、融資を申請する起業家・経営者(申込者)のほかに、都道府県市町村区などの自治体・金融機関・信用保証協会の3者が登場します。
起業家や中小企業の経営者が直接融資の申請をする日本政策金融公庫(日本公庫、国民生活金融公庫)の新創業融資制度と異なり、信用保証協会の制度融資では関わるプレーヤーが増えます。

制度融資による資金調達方法1|自治体の窓口で申請

制度融資を利用する場合は、まずは各都道府県市区町村などの自治体が設置している相談窓口に相談する事がスタートになります。
必要書類や事業計画書を書き、窓口で添削作業を終えると、斡旋書が発行されます。

※各自治体により制度融資の内容は異なっており、都道府県単位・市区町村単位の制度融資もあります。

制度融資による資金調達方法2|自治体の斡旋により民間金融機関が融資を実行

発行された斡旋書をもって、民間金融機関の支店に持込み、融資の具体的な相談を進めます。

※民間金融機関からすると、起業創業時のスタートアップベンチャー企業への融資はリスクが高いです。

制度融資による資金調達方法3|信用保証協会が公的な保証人として信用保証

信用保証協会とは公的な保証人ともいえる組織です。起業創業時の経営者は、信用保証協会に信用保証料を納める事により、返済不能に陥った場合に、金融機関に返済を立て替えてもらう事ができます。

信用保証協会の制度融資|1%未満の低金利がメリット

制度融資で資金調達するメリットの最も大きなポイントは「1%未満の低金利」で資金調達ができるということです。

制度融資は、一般的に日本政策金融公庫の新創業融資制度よりも金利が低い傾向にあります。借入金利息の一部を自治体が負担する利子補給制度や、信用保証協会の保証料の一部を自治体が負担する信用保証料補助制度が用意されている等の手厚い措置があります。

融資を受ける自治体にもよりますが、1%未満の好条件の低金利で融資を得られる可能性があります。

信用保証協会の制度融資|制度融資で資金調達するデメリット

制度融資のデメリット|融資実行までの時間が長い(約2カ月程度)

制度融資融資実行まで約2カ月程度の期間がかかるのがデメリットといえます。
これは登場するプレーヤーが、自治体・金融機関・保証協会と3者もいるため、それぞれの審査を経て融資実行に至るため、時間を要する制度になっています。
日本政策金融公庫の新創業融資制度が数週間から1カ月程度で融資実行されるのに対して、かなり時間がかかります。

制度融資のデメリット|自己資金要件が厳しい

制度融資は、求められる自己資金要件が厳しく設定されている事がデメリットといえます。
日本政策金融公庫が提供している新創業融資制度の場合、求められる自己資金割合が1/10(10%)に対して、制度融資では、自己資金割合が1/2(50%)を求められる事が多いです。

※このため、制度融資は日本政策金融公庫の新創業融資制度などで資金調達を行い、自己資金を増やしてから追加で資金調達をするようなケースで利用されたりします。

制度融資のデメリット|原則として連帯保証人の著名が必要

自治体の制度融資では、経営者本人が連帯保証人としての署名をする必要があります。

自治体の制度融資のまとめ

上記が、都道府県市町村区など自治体が信用保証協会らと連携して提供している制度融資です。

日本政策金融公庫の新創業融資に比べると、制度融資は自治体が利子補充してくれる制度が用意されているため、低金利であることが大きなメリットになります。しかし、融資実行までに2カ月程の時間を要すること、自己資金割合が高いことがデメリットでもあります。

制度融資は、各自治体により内容が異なるため、検討する場合には専門家のサポートを受ける事をお勧めします。
※ファイナンスアイでは制度融資を含めて、様々な資金調達ノウハウを駆使して、起業創業のスタートアップベンチャーや中小企業の経営者らを支援しています。

資金調達方法の関連記事

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. ベンチャー起業時の融資・資金調達|ラーメン店の場合

  2. 日本政策金融公庫

    起業創業の資金調達!新創業融資制度(日本政策金融公庫)の申請方法を知る

  3. 資金調達の違い

    日本政策金融公庫、信用保証協会、銀行の融資による資金調達の違いとは?

  4. 融資リスケ中の資金調達

    融資のリスケ(返済条件変更)中でも資金調達できる事を知ってますか?

  5. 起業時の創業融資(日本政策金融公庫・信用保証協会)面談NGワード

  6. 起業のための資金調達方法:信用保証協会のメリット・デメリット

    スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:信用保証協会のメリット・デメリット

  7. ベンチャー起業時の融資・資金調達|スナック・パブの場合

  8. 資金調達の決算書

    日本公庫・保証協会・銀行が融資して資金調達させたくなる決算書を作るには

  9. 融資面談面接

    融資の面接・面談で聞かれる12の質問に答えて資金調達する

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 女性起業家向けの融資・資金調達方法と支援制度のまとめ
  2. 資金調達ニュース 資金調達方法のニュースナビ.ベンチャー/個人/中小企業|2016年12月7日
  3. ローカルベンチマーク ローカルベンチマークが資金調達(融資)の重要指標になる【保存版】
  4. 中小企業等経営力強化法 中小企業の資金調達にも大きく影響する「中小企業等経営力強化法」とは
  5. 資金調達ニュース 資金調達ニュースまとめ2016年11月29日

PAGE TOP