資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

ベンチャー起業時の融資・資金調達|内装リフォーム・工務店の場合

LINEで送る
Pocket

内装リフォーム・工務店の場合は日本政策金融公庫の新創業融資制度と信用保証協会の融資制度が利用できる


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

内装リフォーム・工務店の場合は日本政策金融公庫の新創業融資制度と信用保証協会の融資制度が利用できる

内装リフォームなどを手掛ける工務店を起業する場合、設備投資や運転資金などでかなりのお金が必要になることは間違いありません。その際に、日本政策金融公庫の新創業融資制度、そして、信用保証協会の融資制度を利用することにより、資金調達を円滑に進めることができます。

これらを利用するにあたり、事業計画などを説明し、そこで信頼を得る作業が必要となります。資金調達が容易になることだけでなく、経営をしていく道筋をつけていき、それに沿った形で経営をしていくことが可能になります。これらの制度を利用することは単にお金を集める1つのやり方ということではなく、経営を円滑に進めていく方法としてもおすすめであり、銀行とのパイプ作りという点でも必要です。

内装リフォーム・工務店起業時の創業融資・資金調達の留意点

他の小売店とは違い、起業したからすぐに人が集まり、何かを買ってくれるという類の業種ではありません。大事なのはそれまでに培った人脈や、修行自体に学んだ技術、経験などです。また、許認可が必要なものもあるため、無計画に事業を進めていくこともできません。これらが揃って初めて成功する道筋がつくことになり、何かしらが欠けていればかなり厳しくなります。

これらの部分は面談の際に相手を説得させる材料にもなれば、不備を突かれるポイントにもなります。このあたりの部分をしっかりと精査し、具体的に経験や技術、人脈などを説明できるようにし、成功に結び付けるための施策を考え、すぐに実行に移せるようなスタンスが求められます。

内装リフォーム・工務店起業時の創業融資・資金調達~資金使途・資金計画

資金調達がなぜ必要なのかという問いは面談では必ずあります。その際に、設備投資や運転資金として使うことを説明していくことが大切です。設備投資といっても、どのようなものを購入するのかという質問や運転資金として具体的にどのようなものに使うのかという部分が問われることになるため、そのあたりの部分を説明できるようにしておくことが求められます。

売上計画、損益の精査というのも大事です。見通しの甘い売上計画では融資を受けることはできず、資金調達は難しくなります。具体性のあるものなのか、損益として妥当なものなのかなど厳しく見積もった上で算出し、納得してもらえるものにしていくことが融資の場面、面談などでは重要です。

内装リフォーム・工務店起業時の創業融資・資金調達~自己資金・信用情報

自己資金割合が必要としている融資額に比べて多ければ、それだけ信用は高まります。その際、お金の流れというものをかなり見られることになります。見せ金のように、その場を乗り切るだけに用意されたものでないかを確認することなどが大事であるため、預金通帳でそのあたりの部分を見られることになるため、タンス預金などを自己資金として活用する場合にはすぐに預け入れを行うことが必要です。

個人信用情報に関しても非常に重要です。この部分に傷があれば融資は認められず、資金調達はかなり難しくなります。身に覚えのあることであれば、その傷が消えるのをひたすら待ち、その間に自己資金割合を高めて、しっかりとした基盤を築くなどの工夫が必要です。”

自分で申請すると8割以上が失敗する内装リフォーム・工務店起業時の創業融資・資金調達

このように、自分で申請するとなると、事業計画の甘さや資金使途に関して抽象的な表現があったりし、窓口で門前払いを食らうケースが多く、時間を無駄にしてしまいます。そのため、起業支援サービスを利用し、すぐに融資を受けることができて、資金調達ができるようにすることが必要です。

起業支援サービスの中には内装リフォームや工務店の起業に関する案件を複数抱えているところも存在します。そうすれば、どの部分が問われるのか、どこにお金がかかるのかというのをしっかりとわかっているため、的確なアドバイスを受けることが可能です。そのためにも、まずはこうしたサービスを利用し、事業計画をよりよいものにし、資金使途を明確にしてから申請することをおすすめします。

資金調達方法の関連記事

建築・建設・工務店・リフォームなどの起業・経営される方は併せて読もう

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 資金調達成功事例1

    資金調達成功事例|シングルマザーの起業~シングルマザーも気軽に利用できるサロン開業

  2. 起業家の資金調達方法と種類のまとめ

    スタートアップベンチャー起業家の資金調達方法と種類のまとめ

  3. 創業融資・借入で創業した起業家の業績が伸びる理由

  4. ベンチャー起業時の融資・資金調達|飲食業の場合

  5. 起業のための資金調達方法:信用保証協会のメリット・デメリット

    スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:信用保証協会のメリット・デメリット

  6. 起業のための資金調達方法:銀行・民間金融機関のメリット・デメリット

    スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:銀行・民間金融機関のメリット・デメリット

  7. 資金調達成功事例1

    資金調達成功事例-伝統工芸産業での起業。新ビジネスモデルで資金調達を成功

  8. 資金調達成功事例-未経験の女性起業家の創業融資を成功へ

  9. 資金調達成功事例-起業1期目からビジネスモデルを変更して資金調達を成功

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 融資の信用格付けと決算書 資金調達に重要な銀行融資の信用格付けを上げる決算書6つのポイント
  2. 営業ハック-相手に決断を促す11のキーワード
  3. 資金繰り表 資金繰り悪化をまねく9大ポイントと資金ショートを未然に防ぐ方法とは
  4. 営業ハック-成果を上げる自己紹介のコツ2
  5. 営業ハック-出来る営業は数字を正確に伝える2

PAGE TOP