資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

保存版|返済条件変更(リスケ)のデメリットを知って資金繰り改善へ

日本政策金融公庫(国民金融公庫)による資金調達
LINEで送る
Pocket

返済条件を変更してもらえる「リスケ」とは?

資金繰りにおいて、金融機関から借り入れたお金の返済条件を変更することは「リスケジュール」または略して「リスケ」と呼ばれます。「リスケ」には返済期限を延ばしてもらうほか、返済額を減額してもらうものなど、その種類は多岐にわたります。

リスケをすると、企業体力が足らず資金不足になりがちな時期に、返済を猶予してもらうことができ、資金繰りに余裕を持たすことができるのです。ただし、金融機関からは「返済可能性が低い」企業という認識になってしまいます。そのため、リスケは資金繰りが逼迫している企業が生き残る施策の一つですが、単なるイメージだけでなく「リスケ」のさまざまなデメリットを知っておく必要もあります。

融資での「リスケ」にはデメリットも付きまとう

融資は、契約時点の金利のもとで返済することを約束するものであって、この約束を変更するのであればデメリットが発生します。

リスケ・返済条件変更のデメリット1

デメリットとして代表的なものには、「追加融資」ができなくなる、金利の上乗せ・追加が発生します。また、これはリスケをするための前提になりますが「経営改善計画書」を作成して、今後の返済計画を明確にする必要もあるのです。

リスケ・返済条件変更のデメリット2

新規借り入れも難しくなるため資金繰りが厳しくなる可能性もあります。

「リスケ」をするには資金繰りが楽になる分、相当のデメリットがあることを理解したうえで、返済条件の変更を依頼することが重要になります。

金融機関にリスケを認められた後の経営はよりシビアになる

金融機関にリスケを認められたら、一時的には安堵につけますが、売上をしっかりと回復させられない場合は、リスケ後の経営はリスケ前に比べてよりシビアになっていきます。

これはリスケ後に更に業績が悪化すると、法的整理以外の施策が残っていないからです。このため、まず「収益悪化の原因」を探り、経営の抜本的な改革をする必要があるのです。

例えば、収益が悪化している原因が「売上が頭打ち」になっているのであれば、営業手法やマーケットの再選定などが必要になります。また、「費用が増えている」のであれば、人件費の削減や固定費の削減などをする必要があります

このように、リスケ後はそれ以前の経営よりもより結果を求められることになるため、深く経営自体を見つめ直す必要があります。

なお、別の機会に改めて「条件変更(リスケ)を更新してもらうためには」でも解説しますが、リスケを続けるには「経営改善計画書」を達成しておく必要があります。そのため、リスケ後は結果を出す経営が必要であると予め知っておくのが良いでしょう。

返済条件変更(リスケ)のまとめ・資金繰りを改善するには

返済条件変更・リスケは資金繰り手段としては有効ですが、安易に使用すると倒産に向かっていく劇薬です。専門家に相談して適切な利用をして資金繰りを改善させましょう。

経済産業省認定機関ファイナンスアイでは、資金調達成功率98%の実績を持ち、銀行金融機関出身コンサルタントが返済条件変更リスケの相談にも対応し、資金繰り改善を行ってきました。お困りの場合には、まずはお気軽にご相談下さい。

リスケ(返済条件変更・返済猶予)の関連記事

資金調達方法の関連記事

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. ベンチャー起業時の融資・資金調達|ラーメン店の場合

  2. 経営ハック-消防隊に学ぶ分業制のすすめ

  3. 日本政策金融公庫

    資金調達できる事業計画書の見本(日本政策金融公庫の創業計画書の形式)

  4. 中小企業等経営力強化法

    中小企業の資金調達にも大きく影響する「中小企業等経営力強化法」とは

  5. 融資面談面接

    融資の面接・面談で聞かれる12の質問に答えて資金調達する

  6. 起業創業

    保存版|起業創業するなら知っておきたい会社設立手続き5つの流れ

  7. 経営ハック-USP『独自の売り』で他社と差別化する方法

  8. はれのひ事件を弁護士の視点で分析

  9. 融資審査定性評価

    融資審査の「定性評価」で求められる3つのポイント対策で資金調達する

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 起業家会社設立実践編3 起業家のための会社設立準備~実践編3・登記書類作成/申請
  2. 営業ハック-勉強時間を2倍・3倍に増やす方法
  3. 資金調達スキーム 資金調達を成功させる調達スキームの概要|大阪関西全国対応
  4. 起業のための資金調達方法:自治体による制度融資のメリット・デメリット スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:自治体による制度融資のメリット…
  5. ローカルベンチマーク ローカルベンチマークが資金調達(融資)の重要指標になる【保存版】

PAGE TOP