資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

融資などの借入に頼らずに資金繰りを改善する方法とは

資金繰り改善
LINEで送る
Pocket


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金繰り改善のためにするべき事とは?

キャッシュフローには、収益として入ってくるか、支出として出ていくかの2つの側面しかありません。つまり、資金繰りを改善するには「入ってくるお金を増やす事」「支払う費用を減らす事」が重要になってきます。
しかし、理論上はこれが正しいのですが、実務上はなかなか簡単にはいきません。そのため、資金繰りを改善するためには、より具体的な行動をとっていく必要があります。

資金繰り改善の例として、現金資金が不足気味の場合は「他の資産を現金化する事」や「取引先等への支払タイミングを遅らせる事」が必要になります。

もちろん、融資で借入をすれば一時的には現金を増やすことができ、資金繰りを改善することができることは言うまでもありません。しかし、融資による借入は、あくまで一時的な応急処置でしかなく、問題の先送りをしているにすぎないのです。

そのため、融資による借入などの新たな負債を増やさないで、資金繰りを根本的に改善するための方法を、経営者は取っていく必要があります。

■在庫や売掛金を圧縮して、資産を現金へと変える

まず、資金繰りを改善するために行うポイントは「資産を圧縮して、現金へと変える」ことが必要になります。

対策の例 在庫の場合

会社が抱える在庫も資産になります。在庫の対策としては、過度な仕入れを減らし、納入サイクルを適正化する必要があります。

対策の例 売掛金の場合

会社が持つ売掛金も重要です。売掛金の対策としては、営業担当へ売掛金の回収ルールを徹底し、回収サイクルを適正化させる必要があります。

しかし、このような「納入サイクル」や「債権回収サイクル」は、あまりにも当たり前になってしまい、どのくらいが適正か評価を行ったこともない、わからないというのが実態だと思います。

そのため、まずどの程度が妥当なのか競合他社の動向も踏まえて企業内で協議し、営業部隊も含め周知徹底させるために社内のルール化をしていく必要があります。

■買掛金を管理して、支払うタイミングを調整する

資産にメスを入れるだけでなく、資金繰りを改善するためには負債の管理にも着目していくことが大事です。
特に、負債の中でもウエイトを占めやすい買掛金を管理する。つまり、支払のタイミングをコントロールすることが重要になっています。

このタイミングは、本来は資金繰りが厳しくなる前に、資本体力がある企業に対して支払条件の変更を申し入れ、普段からより資金をストックできる体制にしておきます。資金繰りが厳しくなってから、急に支払猶予を申し入れることは、取引先との関係を悪化させ、次回からの取引条件を改悪される根拠になりかねません。

経営活動を継続させていくためには、やむを得ない対応ですが常日頃から社内に現金がよりストックできる対応を取ることが重要になってきます。

細かい話にはなりますが、月末支払となっている支払は月末が祝日の場合は支払を遅らせる等の配慮がなされているか等がギリギリの局面においてその企業を助けることにもつながるのです。

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 飲食店開業

    飲食店開業の資金調達を成功させる方法をプロがナビゲート【保存版】

  2. 経営改善計画書

    経営改善計画書で融資のリスケを納得してもらう2つのポイント

  3. 融資審査定性評価

    融資審査の「定性評価」で求められる3つのポイント対策で資金調達する

  4. 経営ハック-USP『独自の売り』で他社と差別化する方法

  5. 日本政策金融公庫(国民金融公庫)による資金調達

    保存版|返済条件変更(リスケ)のデメリットを知って資金繰り改善へ

  6. 女性起業

    女性ベンチャー起業が資金調達する方法。国も推進する今がチャンス

  7. 返済条件変更リスケの更新

    融資のリスケ(返済条件変更)を更新するための3つのポイント

  8. 経営ハック-アメフトに学ぶ経営とマジメント2

  9. 起業のファイナンス-創業時の資金調達は融資が正解。借りれるだけ借りるべき?

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 営業ハック2 営業力|傾聴スキル(聞く力 アクティブリスニング)はどのくらいUPすればいいのか…
  2. 資金調達成功事例-卸会社の新規創業に対する創業支援の成功事例
  3. 営業ハック-平昌五輪に倣う勝利への執念
  4. 資金調達成功事例-不認可になった日本政策金融公庫の融資に成功
  5. 営業ハック-的を絞ると営業が成功する

PAGE TOP