資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

融資のリスケ(返済条件変更)中でも資金調達できる事を知ってますか?

融資リスケ中の資金調達
LINEで送る
Pocket

リスケ(返済条件変更)中でも資金調達が必要になったら。

リスケ(返済条件変更)をしている間でも、企業活動をしていく上では資金が必要になります。こうした事業資金は本来の売上もありますが、場合によっては新たに借り入れをしなければならない事態も起こることでしょう。

しかし、基本的にはリスケ(返済条件変更)中に「新規借入はできない」と考えておいた方が良いです。
理由は、リスケ(返済条件変更)をしているという事は、「返済能力が低い企業」と判断され、銀行は新たな融資をしても返済される可能性が少ないと考えるからです。

しかし、このような追加融資を受けれない状態であっても、企業の経営状況によってはどうしても追加の資金調達が必要な場合は多くあります。
ではどうすれば良いのか?リスケ中の資金調達をご紹介します。

資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■リスケ中の資金調達方法 ABL

ABLは不動産以外の資産を担保に入れることで融資を受ける方法

ABLは「Asset Based Lending」の略で、日本語で言うと「動産担保融資」と呼ばれるものです。
このABLは、土地や建物などの不動産以外の動産を担保に入れることで、融資を受けられる方法です。

こうした動産には、例えば商品や機械設備、売掛金などの流動性が高い資産が含まれ、ABLはこのような事業によって得られる資産を担保に入れて融資を受ける方法なのです。

※ただし、ABLで融資を受けるにも条件があります。

例えば
「取引先が複数あること」
「こうした取引先から安定した売掛金が発生すること」
「融資によって事業が安定すること」

などが挙げられます。

そのため、ABLを行うのであれば、条件を満たしたうえで融資を受ける必要があることには注意しましょう。

■経営改善計画書に基づいた資金繰りの改善を重視する

ABLという借り入れ方法はありますが、リスケ中の資金調達に関しては、基本的に新規借り入れが難しいと思っておいた方が良いです。
そのため、経営者は経営改善計画書に基づいて、資金繰りの改善をしていくことが重要になっています。

資金繰りの改善方法は、経営改善計画書で経営課題が見つかっていれば、その通りに実践すれば問題ありません。
しかし、まだ課題が見つかっていないのであれば早急に経営課題を究明する必要があります。

大前提として、リスケをしている経営者は「返済能力が低い」ということを自覚して、資金繰りの改善に努めなければなりません。

■リスケ中の資金調達方法 まとめ

ABLなどの資金調達方法で、リスケ中でも資金調達する事はできます。
しかし、企業活動を行っていく上でリスケを行った場合、それ以降の新規借り入れは難しくなるので、資金繰りの改善に注視し、計画的に改善を継続し続けていく必要があります。

リスケ(返済条件変更・返済猶予)の関連記事

資金調達方法の関連記事

※ファイナンスアイでは、リスケ中の資金調達についてもサポートしています。資金調津成功率98%以上の高い達成率。相談は無料ですのでお気軽にご相談下さい。

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 経営ハック-消防隊に学ぶ分業制のすすめ

  2. 経営ハック-成果を上げる『最速の仕組み』

  3. 日本政策金融公庫

    資金調達を日本政策金融公庫の新創業融資制度で行うメリット・デメリット

  4. 資金調達のメリット

    資金調達のメリットデメリット|起業創業時のスタートアップベンチャー編

  5. 中小企業等経営力強化法

    中小企業の資金調達にも大きく影響する「中小企業等経営力強化法」とは

  6. 飲食店開業

    飲食店開業の資金調達を成功させる方法をプロがナビゲート【保存版】

  7. 創業補助金

    創業補助金・第二創業促進補助金による資金調達の申請方法とポイント

  8. 資金繰り改善

    融資などの借入に頼らずに資金繰りを改善する方法とは

  9. 設備投資の公式

    適切な設備投資で資金繰り悪化リスクを未然に防ぐ公式とは

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

PAGE TOP