資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

保存版|資金調達・融資の目的。銀行金融機関からの借入の意味を理解する。

資金調達コンサルティング選ばれる理由
LINEで送る
Pocket

資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

融資の資金調達1 事業拡大に必要な投資をするための融資

融資による資金調達を考えている経営者や社長らにとって、最も多い融資の利用目的は、設備等の資産に投資する事だと思います。

小売業や店舗サービスには、店舗等の初期投資が必要になり、製造業では機械などが必要な投資になります。インターネット関連事業を始める場合でも、サイトやアプリの開発が必要な投資になります。これらの初期投資を自己資金だけでまかなう事が難しい場合があります。

また、店舗の場合には複数店舗を出していくために、新店舗のオープン費用、生産量を上げていくための機械設備の増設など、事業拡大には常にまとまった資金調達が必要になります。このように「事業拡大に必要な投資をする」ための資金調達として融資が利用されます。

融資の資金調達2 事業成長を加速させる「つなぎ融資」

ビジネスが拡大していけば、売上がどんどん立っていきます。しかし売上がたってもキャッシュが足りなくなってしまい、黒字倒産に追い込まれる企業は多くあります。
例えば、IT系企業や建設不動産関連業では、受託案件として大きな案件が契約できた場合に、提携先への支払い・クライアントからの入金の各支払入金サイトにより大きなリスクが発生します。大型案件の多くは開発期間もかかり、入金されキャッシュが生まれるまでに時間がかかります。その間の運転資金に苦労することになります。
日々の売上からの利益だけを積み立てて、大型案件にも耐えられるような会社にしていこうとすると成長スピードは鈍化していきます。会社の成長スピードが早く、大きく成長する見込みがある時ほど、事業をまわしていく運転資金が必要になります。このような状況で必要な融資を「つなぎ融資」とも言います。

事業の成長を加速させるための資金調達としても「つなぎ融資」が利用されます。

融資の資金調達3 スケールメリットを得るための融資

事業を展開していると様々なタイミングが重要になってきます。
何かしらの商材を販売するような商売をされている場合は、年間の繁忙期や閑散期や流行り廃りに影響されていきます。「この時期に売らなければ儲からない」というタイミングも出てきます。しかし「今!売って利益を上げて儲けるぞ!」というタイミングが来ても、元手となる種銭がなければ、仕入れる事もできません。

商売は安く仕入れて高く売る(適切な価格で売る)が基本です。
仕入価格(原価)を安くするには、単純になるべく多いロットで仕入れる事で単価を下げていきます。

このような「スケールメリットを得るための資金調達」として融資が利用されます。

融資の資金調達4 返済実績を作るための融資

融資を受けれるかどうかは、企業の信用力が大きなポイントになります。
急を要する融資の必要もなく、安定した経営が続けられている時には融資の必要が無いと思われるかもしれませんが、
そのような時こそ、小規模融資を行い、銀行など金融機関との返済実績を作っておきましょう。
このように普段から返済実績を作り銀行など金融機関との関係を構築しておく事で、「いざ必要」という時に融資が実行されやすくなります。

そのため「返済実績という信用力を作るための融資」も資金調達としては有効です。

融資の資金調達5 運転資金融資で苦境を乗り切る

つなぎ融資とも同様の意味がありますが。事業の赤字が続き自転車操業に陥っている場合にも、それらを乗り越え安定した経営に浮上させていくためにも、その期間を過ごすための運転資金が必要になります。このような融資を「つなぎ融資」や「運転資金融資」ともいいます。

特に苦境に立たされた後から、資金調達で融資を実行しようとしてもなかなか難しいです。
日々の経営の中で、ある程度苦しい時期を予見して、事前に融資による資金調達を実行しておきたいところです。

融資による資金調達の目的のまとめ

融資による資金調達は、経営を続けていくうえでは、資本政策に影響しない資金調達手段としても非常に有効な手段です。しかし、その場しのぎの鎮痛剤として用いるような事態に陥らないように、日々のキャッシュフローを確認し、戦略的な資金調達を計画できるようにしていきましょう。

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 事業計画書に必要な売上予測の立て方

    保存版|資金調達を実現する「事業計画書」に必要な売上予測の立て方とは

  2. 融資面談面接

    ベンチャー創業時に1500万円資金調達する方法をプロがナビゲート

  3. 資金調達のメリット

    資金調達のメリットデメリット|起業創業時のスタートアップベンチャー編

  4. 中小企業等経営力強化法

    中小企業の資金調達にも大きく影響する「中小企業等経営力強化法」とは

  5. 融資審査定性評価

    融資審査の「定性評価」で求められる3つのポイント対策で資金調達する

  6. 資金繰り表作成

    資金調達(融資)にも使える資金繰り表作成方法と4つのチェックポイント

  7. 返済条件変更リスケの更新

    融資のリスケ(返済条件変更)を更新するための3つのポイント

  8. 日本政策金融公庫

    起業創業の資金調達!新創業融資制度(日本政策金融公庫)の申請方法を知る

  9. 資金調達ファクタリング

    必読|ファクタリングで売掛債権を現金化する資金調達方法で資金繰り改善

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 営業ハック-出来る営業は数字を正確に伝える
  2. 営業ハック-出来る営業マンの育て方
  3. 営業ハック-GRIT・やり抜く力を育てる
  4. リスケのポイント リスケ(返済条件変更・返済猶予)を成功させるために必要な4つのポイント
  5. 資金調達成功事例-育児後10年を経て理容師の創業融資を成功へ

PAGE TOP