資金調達事例|建設業

経営ハック 資金調達・資金繰りの方法

資金調達事例|中小規模の建設業・工務店等の資金調達方法とは

更新日:


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

他業種と異なる特殊な「中小建設業界」の実態

中小建設業界は、大手建設業に比べると景気回復の恩恵を受けにくいことが特徴としてあります。そのため、資金繰りをより一層注意しておかなければ、事業が立ちいかなくなることが多いのです。

また、建設業の資金繰りは他業種に比べても特殊なものが多く、例えば「工事の完工後、検査が終了してから、ようやく工事代金を受け取ることができる」ようになっています。もちろん、着手金などを受け取ることもできますが、それ以上に材料費や外注費がかかることも多く資金繰りに注意をしておかないと、案件を獲得したために倒産(黒字倒産)と言うことにもなりかねないのです。

※上記のような事から、中小建設業の経営者は自身の業界の特徴を今一度確認しなおし、資金繰り対策をする必要があるのです。

融資借入による資金調達時に有効な「案件管理表」と「資金繰り表」

建設業では入金などに特殊な事情が発生するため、資金繰りを楽にするためには、融資借入による資金調達が重要なポイントになります。
ただし、銀行はどんな企業にでも融資をしてくれるわけではありません。そこで、「案件管理表」と「資金繰り表」の管理が必要になります。

何故、融資の資金調達には「案件管理票」と「資金繰り表」が必要か

「案件管理表」や「資金繰り表」融資借入の資金調達で重要になる理由は、所謂「ヒモ付き融資」をしてもらえるためであり、これは、実際の入金を返金に充てられるか把握できるからです。そのため、こうした工事状況を把握することが出来る「案件管理表」と、将来の入金などを把握できる「資金繰り表」があると、融資借入による資金調達がしやすくなります。

※ただし、資金調達で大事になるのは融資の借入だけではありません。こうした融資の借入に加えて、融資の借入に依存しない経営活動が必要になってきます。

受注状況を管理することが中小建設業界・経営者の役割になる

中小建設業の経営者は、融資を借入て資金調達をするためだけに「案件管理表」と「資金繰り表」を使うのではなく、日々の運転資金を明確にしていくために使うことが大切です。

例えば、営業収支や返済額、また将来入金される工事代金などを考えて、日々の運転資金がどのくらいあるのか把握していくことが重要になります。
そのためにも、中小建設業界の経営者は、経営者自身が「受注状況を管理し、将来的な事業計画を練っていく必要がある」のです。

特に、受注管理をする際に気をつけるべきことは、将来入ってくる工事代金を、どの支出に充てるか決めておくことです。
これをしないと、目先の支出にとらわれて、本来払うべき支出をおろそかにしてしまう可能性もあります。

※上記のような事から、中小建設業界の経営者「案件管理表」と「資金繰り表」を使い、運転資金を明確にしていくことが重要になるのです。

資金調達方法の関連記事

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

-経営ハック, 資金調達・資金繰りの方法
-, , , , , ,

Copyright© ファイナンスアイは資金調達成功率98%以上 , 2019 All Rights Reserved.