資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

創業融資・借入で創業した起業家の業績が伸びる理由

LINEで送る
Pocket


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

創業融資・借入で創業した起業家の業績が伸びる理由

融資・借入で起業すると何故成長するのか

ベンチャー企業を立ち上げる際に、資金調達を創業融資や借入で行うことで成長力が高まります。これは少ない額の自己資金で会社を立ち上げるよりも、レバレッジを働かせて多くの売上を確保できるからです。その分利益も多いことから、さらに事業拡大のための資金として運用することができます。ベンチャー企業が参入する市場は、すぐに後から同業者が起業して参入してきます。そのために速いペースで市場シェアを広げる必要があります。そのために多くの売上を確保し、さらに多くの商品提供を行うことでシェア拡大を進めることが必要になります。創業融資であれば、まだ決算書を発行できない起業家でも借入ができます。それを利用してシェア拡大を急ぐことで、大きく成長できるわけです。

融資の利息は保険料。成功する起業家の考え方。

事業立ち上げの際に、融資を受けることに抵抗を感じる人もいます。というの、融資には利息の支払いが必要になりますし、その普段は大きいと考えられるからです。けれども少ない資金で商品提供を行なっても、需要に応える商品量を提供できません。その間に同業者が参入してシェアを奪われてしまいます。つまり借入の利息は、シェア拡大のための保険料とみなすことができます。このような考え方ができる起業家は成功しています。まず何を最優先に行うべきかを把握しているというわけです。そのためには目先の資金繰りを心配するのではなく、将来の市場シェアを心配することが大事です。将来の成功を掴むための保険料と考えることで、会社を早い段階で大きなできるのです。

起業家がしてはならない起業時の資金調達1

起業家は起業の際に避けるべき資金調達方法があります。まずカードローンやキャッシングですが、無担保で資金調達ができる利点はあります。けれども銀行などからの借入と比べると、金利負担はかなり大きくなります。その結果、返済に追われて思うように設備投資ができなくなります。では家族や友人に無利子で借りるのはどうかという意見もあります。この場合には、個人から借りることができる金貨は少ないことがネックになります。そしてお金が絡むことで人間関係がこじれてしまうと、後でトラブルが起きることにもつながりかねません。そうなればビジネスどころでは無くなるので、たとえ気軽に借り入れることができるといっても親や友人は避けた方が無難です。

起業家がしてはならない起業時の資金調達2

また、起業家が避けたい資金調達の方法として、話題になっているクラウドファンディングがあります。これはネット上で起業家が提案する商品やサービスに賛同して、お金を貸してくれるものです。やはり個人が相手なので、まとまった資金調達をするならば相当の宣伝が必要になります。あるいは出資者を募ったり社員に株式を発行する方法もあります。この場合も、例えば退職者が出たら保有している株式を現金で購入しなければなりません。あるいは出資者を募る場合には、株の公開ができるほどの高い技術力が求められます。このように資本政策で立ち上げるのは難しいと言えます。さらにクラウドファンディングで応募すると、その商品やサービスの内容を知られることになりますし、先にライバル会社が市場を占有することにもつながります。

ファイナンスアイの起業支援パッケージは会社設立と資金調達がセット

ファイナンスアイでは、起業家に向けて支援パッケージを提供しています。まず最初に会社設立に必要な事業計画書の作成に関するアドバイスを行なっています。その上で資金調達として必要となる創業融資を行います。創業融資ならば、採算の取れる事業計画書を作ることで資金調達ができますし、そこで得た資金を元にスタートダッシュが可能と考えています。起業家にとってはアイデアが全てなので、同業者が後から参入してこないように、早めにシェアを確保する必要があります。そのために必要なお金は、借入で行うのがお勧めとなります。自己資金を貯めている間に世の中のトレンドは移り変わりますし、今必要とされるものが不要となることもあります。適切な時期に事業を立ち上げるためにも、借入による融資は必要です。

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 資金調達成功事例-未経験の女性起業家の創業融資を成功へ

  2. 起業・独立開業の融資と資金調達ガイド

    起業・独立開業の融資と資金調達ガイド

  3. 日本政策金融公庫

    資金調達できる事業計画書の見本(日本政策金融公庫の創業計画書の形式)

  4. 起業のための資金調達方法:信用保証協会のメリット・デメリット

    スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:信用保証協会のメリット・デメリット

  5. 資金調達成功事例1

    資金調達成功事例-伝統工芸産業での起業。新ビジネスモデルで資金調達を成功

  6. スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:日本政策金融公庫のメリット・デメリット

  7. 資金調達成功事例1

    資金調達成功事例|信用保証の保証履行履歴を乗り越え飲食店舗出店資金を調達

  8. ベンチャースタートアップ起業時の融資・資金調達|EC・通販業の場合

  9. 中小企業経営力強化資金制度

    中小企業経営力強化資金融資|低金利・無担保無保証・自己資金要件無

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 営業ハック-出来る営業マンにになる方法
  2. 営業ハック-初対面の人を見込客に変える自己紹介のコツ
  3. 営業ハック-成功するための決断力
  4. 営業ハック-見切りをつけたお客様からアプローチをしてもらう方法
  5. 資金調達ファクタリングの注意 ファクタリングで資金調達する前に!調達後に倒産企業が増加している現実。

PAGE TOP