資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

ベンチャー起業時の融資・資金調達|バーの場合

LINEで送る
Pocket

バーは日本政策金融公庫の新創業融資制度と信用保証協会の融資制度が利用できる

バーを開業する場合には日本政策金融公庫の新創業融資制度と信用保証協会の融資制度が資金調達の方法として利用できます。日本政策金融公庫の新創業融資制度は新たに起業する際に事業資金の一部を融資する制度で、最大3,000万円を限度に融資を行なってくれる制度です。その返済期間や利率については条件により異なりますが、民間の金融機関に融資を受ける場合に比べ非常に低い利率で長期間借り入れが出来ることが大きなメリットとなっています。
また、開業して一定の実績を上げている場合には信用保証協会の融資制度が利用できます。これは業種や売上高に応じて金額が異なりますが、バーの場合には5千万円までの融資が審査の上受けることが出来る制度になっています。

バー起業時の創業融資・資金調達の留意点

バーを起業する場合にはさまざまな条件を考慮して経営計画を立案する事が大切です。その経営計画の妥当性と実現性を評価して融資の審査が行われることになるので、目標が高くても実現性に乏しいと判断される場合には事業の成功の可能性が低いとみなされ、融資が受けられないことになるのです。
バーを起業する場合に重要な点は、企画する店の雰囲気が健全であるかどうかが非常に重要です。風俗面で問題が有るような場合には許認可が下りないことも多いので注意が必要です。
また、立地条件も客観的に見て客が集まる要件を満たしていることが大切です。駅に近いなど客が集まる条件を満たしていることが重要で、かつ近隣に迷惑が掛からない様な立地であることも事業の継続性に大きな影響を及ぼすため、しっかりと確認されていることが大切です。

バー起業時の創業融資・資金調達~資金使途・資金計画

バーを起業する際には綿密な資金計画を立案する事が重要です。これは事業を早期に安定させ収益性を高める上でも非常に重要であり、融資を行なう側に於いても具体的な資金の運用においてしっかりと期限を決めて計画されていることを重視する傾向にあるので注意が必要です。
資金計画においては開業時及びその後の設備投資や資金調達の計画が明確になっていることが必要です。その上で運転資金や売上計画のバランスが保たれていることで、経営の安定性が明確になるため、その内容に関してはしっかりと計画されていることが重要になります。
これらの計画をしっかりと立案した上で、損益分岐点とこれによる対処法などが計画されていることが融資を円滑に受けるために必要です。

バー起業時の創業融資・資金調達~自己資金・信用情報

創業融資を受けるためには開業時に一定の自己資金が無いと融資を受けることが出来ません。融資の申請額が決められた自己資金割合を越えてしまうと審査が通らないため、自己資金があることやその金額を証明するために預金通帳などの個人情報を提出する必要があります。
特に融資以外で資金調達をする場合でもその資金の調達元を明確にすることが重要であり、入手先の不明な資金が有る場合にはその信用度が低くなってしまう為融資を受けることが出来ないことになる可能性が高まります。
さらに融資を審査する場合に他からの借入がないかを調べるため、個人信用情報を確認されることが多いものです。過去に借金をしてトラブルを起こしてしまっている場合には大きな問題となるので注意が必要です。

自分で申請すると8割以上が失敗するバー起業時の創業融資・資金調達

バーを起業する場合には税理士等の専門家に相談するのが良い方法です。自分で申請を行なうとなかなか申請
が通らずに失敗するケースが多いためです。
その理由は、さまざまな書類の提出方法にあります。一般的に融資を審査する機関は専門機関であり、事業計画や資金調達の部分に関して非常にチェックが厳しいため、一般の人が記入したのではなかなか審査基準を満たすことが難しいためです。また、資金使途についても十分に検討し目的に合致する様な記載を行なわないと却下される可能性が高いものです。
起業支援に関する融資を受けようとする人は非常に多く、そのためより計画が明確で目的が合致している事業優先します。その為、その内容を充実させるためにも専門家に相談することが大切です。

■飲食店開業時の資金調達方法 7つのまとめ

飲食店を開業しようとする経営者が、資金調達を成功させる方法として必要な要素は次の7つです。

  1. 飲食店は3年で7割が倒産するシビアな業界である事を認識する。
  2. 飲食店が黒字になるのは「半年間」はかかる
  3. 初期費用とは別に運転資金(半年分)を開業時に確保しておく
  4. 運転資金を見誤らないために下調べ・費用調査を詳細に行う
  5. 収集した情報をもとに開業後の経営をシミュレーションしてイメージする
  6. シミュレーションした必要な資金を資金調達するために動く
  7. 開業後資金繰りが悪化してから資金調達を期待するのは困難と認識する

資金調達方法の関連記事

飲食店経営される方は併せて読もう

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 資金調達成功事例1

    資金調達成功事例-伝統工芸産業での起業。新ビジネスモデルで資金調達を成功

  2. 起業時の創業融資(日本政策金融公庫・信用保証協会)面談NGワード

  3. 起業のための資金調達方法:銀行・民間金融機関のメリット・デメリット

    スタートアップベンチャー起業のための資金調達方法:銀行・民間金融機関のメリット・デメリット

  4. ベンチャースタートアップ起業時の融資・資金調達|EC・通販業の場合

  5. 資金調達のメリット

    資金調達のメリットデメリット|起業創業時のスタートアップベンチャー編

  6. 日本政策金融公庫

    資金調達を日本政策金融公庫の新創業融資制度で行うメリット・デメリット

  7. 資金調達成功事例-雇われ社長から独立起業して資金調達を成功させる

  8. 日本政策金融公庫

    起業創業の資金調達!新創業融資制度(日本政策金融公庫)の申請方法を知る

  9. 商工会議所の融資

    資金調達の目的に応じた事業計画書の制作方法

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

資金調達のすすめ

  1. 営業ハック-出来る営業マンの育て方
  2. 資金調達成功事例1 資金調達成功事例|起業2期目のベンチャーが大規模な資金調達をする方法
  3. はれのひ事件を弁護士の視点で分析
  4. 起業家会社設立実践編3 起業家のための会社設立準備~実践編3・登記書類作成/申請
  5. 営業ハック-成果の上がる自己紹介のコツ3~物語風に話す

PAGE TOP