資金繰り資金ショート回避

経営ハック 資金調達・資金繰りの方法

資金ショートの倒産を回避する緊急時の支払優先順位と資金繰り対策とは

更新日:


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金繰りで資金ショートが起きた場合の対応方法

企業活動を行っていると、従業員や取引先、また株主や金融機関などさまざまなステークホルダーと関係を持つことになります。
こうした人との関わりは、従業員であれば賃金、取引先であれば売掛金・買掛金、銀行等の金融機関であれば融資の借入金など、資金と密接に関わってきます。

そのため、資金が枯渇してくると、従業員へ給与を支払が遅延したり、取引先へ支払い条件の変更や金融機関へのリスケをお願いする必要が出てくる可能性があります。もちろん、資金の枯渇は避けるべき事態ですが、万が一の時は資金のショートを回避すべくあらゆる手段を講じる必要があります。

この場合、安易に資金を捻出する施策を実施してしまうと、取り返しのつかない風評被害を生むリスクがあります。対応には優先順位があり、間違った順番で対応すると問題を広げる場合もあるので、十分注意が必要です。

■「従業員への給与」と「取引先への買掛金」が大事

資金繰りで資金ショートしそうな時に優先的に支払うのは「従業員への給与」と「取引先への買掛金」です。

資金ショート時の支払優先順位1 従業員

資金ショートが起きた際に、まず優先的に資金を支払うべき相手は「従業員」です。
ただし、多くの企業ではこのことが分かっておらず、十分な説明もなく従業員に賃金の支払いを遅らせて、結果として社内を混乱させ失敗しているケースが後を絶ちません。

社員からの不信感は大きく会社の価値を損じます。このようなリスクを回避するために、「従業員への給与」は第一優先順位で速やかに支払う必要があります。
尚、役員報酬は全く別物ですので、生活の維持ができる水準まで速やかに圧縮しましょう。

資金ショート時の支払優先順位2 取引先

ステークホルダーの中で、従業員に続いて優先的に支払うべき相手は「取引先」です。
特に複数の取引先がある場合は、取引先の資本体力によって払う順位を決める必要があります。そのため、仮にすべての取引先に支払うだけの資金がないのであれば、資本体力がある企業には一部の支払いや支払い期限の猶予を申し入れることが大切です。

取引の長い先は要注意

長い取引をしているパートナーは、こちらの売掛先を把握していて、いきなり売掛債権の差し押さえを行ってくる可能性もあります。
こうなると、甚大な風評被害が起きることは避けられません。このようなリスクを回避するため、こちらの手の内がわかっている取引先には十分な説明が必要になります。

以上のような理由から、資金ショートが起きた際には、まず「従業員の給与」、そして「取引先の買掛金」を支払う必要があるのです。

■取引銀行への「リスケ」の要請

従業員や取引先に資金を支払ってしまい取引銀行へ支払いが滞ってしまった場合には、返済条件変更「リスケ」を申し入れる必要があります。

「リスケ」をすると、例えば、返済金額を一時的に減額してもらえたりするので、一定期間は資金繰りを改善する事ができます。そのため、資金ショートが発生することが見込まれる場合は、速やかに「リスケ」を要請することが重要です。

尚、「リスケ」の最大のメリットは実業の取引先ではないので、風評被害を最低限に止められることにあります。
また、「リスケ」の方法などについては別の記事にて書いて行きますので、詳しくはそちらを見て「経営改善計画書」や「資金繰り表」などの作り方を参照してください。

※参考記事

※ファイナンスアイでは、「直近の資金ショート」資金繰り改善策など資金調達前から相談に応じています。資金繰り改善はファイナンスアイに無料で相談。

資金調達方法の関連記事

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

-経営ハック, 資金調達・資金繰りの方法
-, , ,

Copyright© ファイナンスアイは資金調達成功率98%以上 , 2019 All Rights Reserved.