資金調達・起業スタートアップの注目記事 PICK UP!

資金調達成功事例-売上増でも3期連続営業赤字企業の融資を成功へ

LINEで送る
Pocket

資金調達成功事例~売上増でも3期連続営業赤字企業の融資を成功へ

資金調達成功事例の経緯

クライアントはサロン経営を行っており、当期5期目を向かえています。年々売上は増加しているものの、3期連続の営業赤字になっており、財務的には返済の妥当性が説明できない状況である中、至急の資金需要があり、フェイナンスアイへ融資による資金調達支援の相談を頂きました。

資金調達成功事例の対応

クライアントの決算分析を実施してみると、売上増加に伴い粗利は増えているが、それ以上に経費が増加しており、構造的な赤字に陥っていました。

特に、拡大する売上を支えるための『人員確保の経費(募集広告費)』と『宣伝広告費』の増加が顕著でありました。また、経営者が自己調達した資金を会社に貸付しているが帳簿に記載されておらず、その結果、貸付した資金を回収するのに役員報酬を上げるという、税理士の対応の怠慢さも見受けられ、クライアントの業績悪化に拍車がかかっていました。

上記のような状況から、今回の融資は募集広告費を削減させる投資に一部利用し、経費の削減を行う計画とした。また次回決算では役員借入を帳簿に計上し、役員報酬を下げるようアドバイスを行いました。

資金調達成功事例のまとめ

3期連続の営業赤字は金融機関からみると「倒産の予兆」であり、非常に厳しい結果になることが想定されました。
そのため、今回の面談には弊社ファイナンスアイが同席を行い、具体的な改善へのプランを説明できるよう取り計らう必要があり、日本政策金融公庫の中小企業経営力強化資金を活用し同席を行った。(※通常、守秘義務の観点から同席は不可であるが、同融資では弊社が事業計画に押印する=合法的に内容を把握している、ため同席が可能となる)

この面談において、『1:借入資金を経費削減に活用すること』『2:現行の役員報酬を次回決算以降引き下げを行うこと』により、黒字化を達成する計画を説明した。
また返済の妥当性については、今回の新規借入を既存借入の借換えに含め、既存借入の返済期間を実質的に伸ばし、毎月の元本返済の増加をさける方法での融資取り上げを粘り強く交渉した。

これらの対応を行った結果、一部減額はあったものの概ね当方の申出通りの融資で資金調達を成功させる事ができた。

起業に興味がある方は併せて読もう


<起業支援サービス>

起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。


<女性起業支援サービス>

起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。
資金調達方法の関連記事

資金調達・資金繰り・起業の相談はファイナンスアイ

今すぐ電話で相談

今すぐフォームで相談


資金調達・資金繰り・起業の無料相談


<起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。会社設立などの手続きも支援。

<女性起業支援サービス>
起業時の創業融資・資金調達を成功報酬で支援。エステ・ネイルサロンなど様々な女性起業の成功実績。

<資金調達・資金繰り支援サービス>
中小企業や起業の資金調達を成功報酬で支援。無料相談受付中。

■資金調達・資金繰り・起業の無料相談

資金調達コンサルティングのファイナンスアイでは、中小企業庁の経営革新等支援機関提携により中小企業経営力強化資金をはじめ、様々な資金調達手段をもっています。

元大手銀行出身者、上場企業の財務・M&A経験者らが御社の資金調達・資金繰り等の経営課題を成功報酬で支援します。

スタートアップやベンチャー起業の会社設立から資金調達から、中小企業や上場企業の資金繰り資金調達、上場支援まで財務・経営に関わる相談はお気軽にご相談下さい。

■資金調達をファイナンスアイに相談するメリット
1:圧倒的な資金調達成功率98%
2:金融機関や他社に断られた方もOK
3:圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

LINEで送る
Pocket

ファイナンスアイ 資金調達/起業/財務コンサルタント

元大手銀行で法人営業を歴任し、国内だけでなく海外の顧客とも金融取引を行いトップクラスの成績を残す。上場企業に転職し、財務およびM&A業務に従事し、グループ企業の買収・売却を手掛ける。また、何十行との銀行や財務省らとハードネゴシエーションを行い企業再生に尽力する。大学・中学・高校などの学校法人の経営再建・創設コンサルティングを行った後に株式会社ファイナンスアイを起業する。現在は、起業家や中小企業の資金調達支援を主軸に、起業支援や中小企業の財務・資金繰り支援のコンサルティングサービスを提供し、これまで8,000社以上の経営者の支援をしている。

関連記事

  1. 経営改善/企業再生事例|グループ会社2社同時の経営改善支援

  2. 資金調達成功事例-コンビニエンスストアの場所移転に伴う融資支援

  3. 資金調達成功事例1

    資金調達成功事例|白色申告の個人事業主でも公的融資で資金調達する方法

  4. 経営改善/企業再生事例|2度目のリスケジュール先を成功させた経営改善

  5. 資金調達成功事例1

    資金調達成功事例|一度閉店した飲食店が日本政策金融公庫の融資で再起

  6. 資金調達成功事例1

    資金調達成功事例|起業2期目のベンチャーが大規模な資金調達をする方法

  7. 資金調達成功事例-サロン開業~女性起業家支援で日本政策金融公庫の創業融資を満額融資

  8. 資金調達成功事例1

    資金調達成功事例|美容院開業費用をリスケ中でも10日で資金調達した方法

  9. 資金調達成功事例-取引先の事業を小規模承継融資で資金調達を行い譲受に成功

資金調達・起業の無料相談

今すぐ電話で無料相談

今すぐフォームで無料相談

圧倒的な資金調達成功率98%
金融機関や他社に断られた方もOK
圧倒的な資金調達実績8,000以上!


法人/個人事業主の創業歴(必須)
創業1年以上創業1年未満未創業

年商規模(だいたいで構いません。)(必須)

お名前 (必須)

法人名・屋号 (個人事業主の場合、屋号があれば記載下さい)

電話番号(連絡が取れるもの) (必須)

メールアドレス(連絡が取れるもの) (必須)

住所 (都道府県市区町村まででも構いません)

ご相談内容をご記入下さい。(任意)

PAGE TOP